スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Matafの拡張

サウジアラビアから”もしもし”
【Matafの拡張】

http://arabnews.com/saudi-arabia/mataf-expansion-double-current-capacity
Mataf expansion to double current capacity

イスラームの聖地はなんと言ってもマッカ(メッカ)です。これは皆さんもよく承知しているでしょう。マッカにはグランドモスクという大きなモスクがありその中に一辺が約10メートルで、キスワと呼ばれる黒い布で覆われた構造物があります。これがカーバ神殿です。カーバ神殿は言い伝えによると最後の預言者ムハンマドが生まれるはるか昔、預言者イブラヒームとその子アラブ民族の元となったイシュマイールによって立てられたといわれます。

巡礼には決められた手順があり、巡礼者はこのカーバ神殿の周りを反時計回りに7周します。この周回する空間のことをmatafといいます。現在1時間に52,000人が周回できますが、現在拡張工事中です。工事が完成した暁には1時間に130,000人が周回できるようになります。またランニングエリアとの移動にも配慮された形になるようです。完成まで数年かかりますが、工事中もウムラーやハッジがあります。巡礼の妨げにならないように工事をするのが大変なようです。

ランニングエリア:2つの丘を駆け回るという儀式があります。イシュマイールの母親が水を求めた様子を追体験します。このエリアもグランドモスクに隣接(含まれているといったほうが良いのか?)しています。神の力で水が湧き出ますがその泉がザムザムの泉です。これもグランドモスクの一部に組み込まれています。(正式にはどの範囲までモスクというのかは知りません。構造物としては一体になっているようです。)
スポンサーサイト

theme : 中東
genre : 海外情報

【誰がアザーンを言うのか?】

サウジアラビアから”もしもし”
【誰がアザーンを言うのか?】

イスラームの国では朝の早く、お昼ごろ、おやつ時、夕暮れ時、夜暗くなってからアザーンが流れます。アザーンというのはお祈りに集まれーという呼びかけです。アザーンをいう人をムアッジンというらしいです。昔はモスクの塔に立ってマッカに向かい肉声で行っていたそうですが現在はマイクを使って流します。でも録音などではなく毎回マイクを通した肉声で呼びかけます。以前から一体誰がアザーンを言うのだろうと気になっていました。日によって声が変わります。

なぞが解けました。サウジではモスクには正式なムアッジンが居て政府からも何がしかの手当てが出るそうです。もしムアッジンが居なければ誰がしても良いそうです。時間になってもムアッジンが居なければ1~2分、長くて5分ぐらいは待つけど、さっさと誰かがするそうです。

少し話は変わりますがお祈り時間は、暁のお祈り(ファジュル)はアザーン後20分から25分後、日没のお祈り(マグレブ)は10分後、後の3つは15分後ぐらいが開始の目安だそうです。もちろんこれはモスクに集まってする場合で、次のお祈りまでにお祈りをすればよく、明確にこの時間にしなければいけないということはありません。モスクにボードがあり、そこにお祈りの時間が書いてあるのが普通のようです。太陽の動きに合わせて日々お祈りの時間は変化します。

世界各国の諸都市のお祈り時間は下記URLを見れば分かります。アザーン時計を持っていても分かりますね。でも都市はそう細かくは設定できないようです。私が持っているのでは電話の国番号と市外局番で設定しますが大都市しか対応していないようです。一方下記のURLは結構細かな都市に対応しています。おそらく北緯東経から計算できるのでしょうね。
http://www.islamicfinder.org/

実は昨日のマグレブのアザーンが少年の声だったんです。それで同僚に尋ねてみました。



theme : 中東
genre : 海外情報

【マッカ発マディーナ行き巡礼バス】

サウジアラビアから”もしもし”
【マッカ発マディーナ行き巡礼バス】

http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentid=20121110142322
KINGDOM New system reduces processing time for pilgrim departures

マッカ巡礼の後にマディーナに巡礼すると言うのは多くの巡礼者がたどるコースです。ですが、手続きに時間がかかりなかなかバスが発車できないという状況があったようです。この度オートメーションシステムの導入によりバスは定刻発車ができるようになりました。

マッカの後にマディーナを訪問。これも好きにできるわけではありません。あらかじめ許可をされた団体旅行として行動しなければなりません。日本人にはほとんど開かれていないサウジアラビア観光。でも観光の一つの形態の巡礼で多くのムスリム
を受け入れているサウジアラビア。でもムスリムでも自由にサウジの中をうろつくと言うわけには行きません。

でも、ムスリムでない外国人(日本人も含めて)居住許可のある人たちは、行ってはいけない所(軍事施設やその他重要な施設)以外は個人で自由にどこでも行けます。ただし足がないので、多くの人、特に日本人にとってどこにも行けないに等しい気もします。

でもでも、居住許可のある日本人でも団体でツアーを仕様とすると当局の許可が要ります。

一方湾岸諸国人はビザなしでサウジに入国でき、自由に行動できます。

theme : 中東
genre : 海外情報

【無理やりハッジ】

サウジアラビアから”もしもし”
【無理やりハッジ】

http://www.arabnews.com/hundreds-egyptian-overstayers-request-repatriation-0
undreds of Egyptian overstayers request repatriation

ウムラー(小巡礼)ビザでサウジを訪れ、ビザが切れてもサウジに居残りハッジ(大巡礼)に参加する人がいます。エジプト人のこのようなテクニックを使った人たちが、領事館の前に居座り、ノーペナルティーで出国させてくれって要求しています。毎年この手の人は出てくるみたいです、厳しい措置のおかげかだんだん減少しているようですが、今年も発生しているようです。

この他アフリカから来た巡礼者がビザが切れてもサウジを去らず不法滞在を行い、オールドジェッダを中心に少し治安が悪くなっているようです。

theme : 中東
genre : 海外情報

【なんかその訴え無理なんやないかなあ?-1】

サウジアラビアから”もしもし”
【なんかその訴え無理なんやないかなあ?-1】

http://www.arabnews.com/tawafa-bodies-sue-mashair-railway-sr-500-million
Tawafa bodies sue Mashair Railway for SR 500 million

Tawafa bodiesがMashair RailwayにSR 500 millionの訴訟を起こそうとしています。

まずTawafaとは何か?
Tawafa Chiefs’ Organization — a body that encompasses the heads of three main pilgrim serving guides including Haj Mutawifs (those who guide pilgrims during the rituals), Zamzam distributors (the Zamazima), and agents (who receive pilgrims at crossing points and take them to their places of stay)
http://www.arabnews.com/haj-guides-visited-pilgrims%E2%80%99-countries-past-centuries
ということらしいです。巡礼者にはそれを専業としているガイドが付きます。国の担当も決まっています。上の記事はガイドが担当している国を訪問し、きちんとガイドを務められるようにしていますという記事だと思います。このガイドのことをムタッウィフ (Mutawwif)と言います。この他マッカのグランドモスクで湧き出る聖水、ザムザムの水の提供者、巡礼者を決められた時間に決められたところに連れていくエージェントこの3者を統括するのが Tawafa boddydです。今回関係したのはエージェントかなと思います。
巡礼者を時間通りに決められた場所に連れていくエージェント居るのは初めて知りました。巡礼者のガイドのムタッウィフザムザムの水(結婚式にもふるまわれます。巡礼のお土産にもなっています。)は以前から知っていますが、基本的な単語ですので覚えていても損はないと思います。でも残念ながら日本では”得”もないかもしれません。

zamzam1.jpg


ザムザムの水



次にMashair Railwayです。この鉄道はミナアラファト(聖なる山(丘))、ミナ(宿泊地)、ムズダリファ(石を投げるところ)を結ぶ鉄道です。2010年に中国の起業により建設されました。サウジによる繰り返される仕様変更などで建設費用が予想以上に高くなり大変な赤字になったはずです。中国は保証も求めようとしたようですがどうなったのかな?サウジも中国もどちらも簡単に言うことを聞く国じゃあないです。

サウジの政府による説明ビデオだと思います。巡礼の様子、昔の巡礼なども見れるので面白いと思います。



個人的なビデオだと思いますが、巡礼の様子やミナのあたりも見られるのでこちらも興味深いと思います。ただし巡礼はハッジではなくウムラーでしょう。



この電車に載るのは基本的に巡礼者なのだと思います。巡礼ツアーの申し込みの時に会わせてこのメトロも申し込みます。お金を払った乗客は手首に緑色だったかと思いますが何かを巻きつけ切符の代わりをします。将来的には電子化しお金を払っていない人は乗れなくなるようにすると思います。現在は無賃乗車も多いようですが、それが事故を招いたようです。多分切符売り場や改札はないのだと思います。入口に係りの人がいるのでそれが改札と言えばかいさつでしょうか。とはいうものの実際に見たわけではないし情報も少ないので正確なところは不明です。



左上の赤丸がグランドモスク、真ん中近く上方の白いところがミナ、その右にムズダリファ、右下にアラファト山があります。

マッカ


ミナとミナ駅周辺です。各駅は第一から第三駅まであります。

ミナとミナ駅


ムズダリファ駅と周辺です。

ムズダリファ駅


アラファト駅と周辺です。

アラファト駅




長くなってきたのでいったん切ります。

more...

theme : 中東
genre : 海外情報

【アザーン】

サウジアラビアから”もしもし”
【アザーン】

暁のお祈り(ファジュル)

暁のお祈りはハイヤアッラファラーハ(成功に来なさい)の後に「お祈りは眠りより良い」と文句が2回入るのですが、入っていませんね。知り合いに効いたらたぶん忘れたんだろうって言ってました。

同じく暁のお祈り。こちらには「お祈りは眠りよりよい」が入ってます。


日没のお祈り(マグレブ)


夜のお祈り(イシャー)

theme : 中東
genre : 海外情報

【ハッジも無事に終わりました】

サウジアラビアから”もしもし”
【ハッジも無事に終わりました】

Four million pilgrims performed Haj this year
http://www.arabnews.com/four-million-pilgrims-performed-haj-year

今年のハッジも無事に終わったようです。シリア問題、アラブの春、イランとの関係色々もめごとが合ってもおかしくありませんでした。ハッジに来ている人が何らかの政治的なアピールをすることも考えられました。これに対してサウジはもしそういうことがあれば実力で阻止すると公言し、強力なセキュリティーホース(120000人)を配置しました。どうやら無事終わったようです。

ハッジに訪れた人は外国からのハッジツアー者、国内のハッジツアー者の合計は316万人でした。一方ハッジの最後に石を投げるという儀式があるのですがそこに参加した人数は365万人だったとのこと。

サウジ国内にいるサウジ人、外国人労働者もハッジに行くには正式にエージェントを通す必要があます。しかし新聞によるとサウジ人は守っているけれど外国人は守っていないようです。140万人の潜りのハッジがいたとのことです。でも本当かな?外国人の数は家族を含めて大体800万人ぐらいです。140万人は多すぎなような気がします。潜りの140万人が本当であればサウジの人がかなり含まれているのではないでしょうか?

theme : 中東
genre : 海外情報

【サウジ人は自由にハッジに行ける?】

サウジアラビアから”もしもし”
【サウジ人は自由にハッジに行ける?】

先の情報で外国人巡礼者の数を示しましたが、これにはサウジの居住許可を持つ外国人は含まれていないはずです。

ところでサウジ人は自由にハッジに行けるのでしょうか?私は行けるものと思っていたのですがそうではないようです。いわゆるウムラー、小巡礼と呼ばれるハッジ以外はいつでも行けます。ハッジに次いで重要なラマダンの最後の10日間の巡礼も自由に行けるはずです。

ではハッジは?

ハッジは国内のハッジエージェンシーを通さなければいけません。巡礼者として検問を通過するには、巡礼服に身を固め書類を見せる必要があります。ではマッカの住人やマッカに親戚のある人はどうなるのか?正確なところは分かりませんが、私服で入りIDを見せれば入れてくれるんでしょう。知り合いはそんな風に説明してくれました。でもハッジで行くのでなければこの時期特別の用事がなければ親戚や友人を訪ねてマッカには入らないのかもしれません。人は多いし、病気のリスクも皆無とはいえません。

では巡礼にはエージェンシーを使えば好きな年に行けるのか?
きちんと管理しているのか、指示だけなのか分かりませんがハッジは最低5年間隔をあけなさいという指示が政府から出ています。この5年ルールは海外からの巡礼者にも適用されます。こちらはパスポートやビザで管理できそうですね。もちろん海外からの巡礼者も各国担当のハッジエージェンシーを通す必要があります。海外からはハッジの個人旅行は無理で、すべて団体旅行になります。

国内の外国人出稼ぎ労働者も取り扱いは国内のサウジ人と同じです。ハッジエージェントを通し申し込みハッジを行います。5年間隔を空けなければいけないのは他の人と同じです。

あるエジプト人に”ハッジに行ったことある?”って聞いたら”あるよ”って答えてました。今年は奥さんのお母さんがハッジに来ているそうです。また何年かしたら行きたいって言ってました。今年は私の知り合いでハッジに行っているのは分かっている範囲では一人だけです。ラマダン中の巡礼は気軽なこともあり多くの人が行ってましたが、ハッジはやはり簡単には行けないようです。でもイードの休み明け坊主頭の人をちょくちょく見かけることになると思いますが、その人たちはおそらくハッジに行っていたんでしょう。

theme : 中東
genre : 海外情報

【百七十五万ニ千九百三十二人】

サウジアラビアから”もしもし”
【百七十五万ニ千九百三十二人】

Over 1.75 m foreign pilgrims at Haj
http://www.arabnews.com/over-175-m-foreign-pilgrims-haj

今年の外国人はハッジャー(って言うのかな?)は1,752,932人とのことです。女性は801,126人で46%。昨年より7% (77,968) すくないそうです。189ヶ国から訪れたようです。

現在マッカやマディーナはモスクや滞在施設など大改造中なので改造が終わると外国人ハッジャーは200万人を超えるようになるのではないでしょうか?
加えて減少の要因はアラブの春やシリア紛争なども影響しているかもしれません。

theme : 中東
genre : 海外情報

【ハッジ】

サウジアラビアから”もしもし”
【ハッジ】

Three million stand at Arafat in Haj climax
http://www.arabnews.com/three-million-stand-arafat-haj-climax

ハッジ真っ盛りで、新聞もハッジの記事が大変多いです。
記事には昨日300万人近くの人がアラファト山に立ったとあります。ヒジュラ歴の12月8日にグランドモスクでの儀式を済ませた後、ミナに移動します。ミナで一晩過ごした後、夜明けとともにアラファト山(丘でしょうか)に登ります。そこでお祈りをし、瞑想にふけります。この後ムズタリファに移動し滞在します。これが昨日ヒジュラ歴12月9日です。今日12月10日は投石の儀式のための石を拾います。犠牲の儀式の後頭を丸めます。ハッジももうすぐ終わりです。明日はミナで投石です。


マッカ巡礼

theme : 中東
genre : 海外情報

【バスが足りない】

サウジアラビアから”もしもし”
【バスが足りない】

http://www.arabnews.com/saudi-arabia/hajis-face-shortage-buses-because-syria-crisis
Hajis face shortage of buses because of Syria crisis

バスが足りません。

もうすぐハッジのシーズンです。しかしシリアの内戦の影響でバスが足りません。毎年サウジ国内で不足するバスはシリアやトルコから借りてきていたようです。シリアは無理なのは分かりますが、トルコからもシリア経由で輸送していたらしく、今年は持ってこれません。ヨルダンは賃貸料が高いそうです。結局その他の近隣諸国からかき集めることになりそうで、中心はエジプトです。エジプトとサウジの間にはイスラエルがあるので陸路は難しいのかな?長距離をフェリーで運ぶのか、アカバ湾をフェリーで渡るのか、それとも以外にもイスラエルを通れるのか(無理だと思うけど)、それよりはまだ空輸の方があり得るのか。

通常のフェリーとしてはサウジのDubaという町からエジプトのHurgada portsやSafaga portsまで最短3時間で結んでいるようです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Duba

theme : 中東
genre : 海外情報

【ここからはムスリム以外は立ち入り禁止です】

サウジアラビアから”もしもし”
【ここからはムスリム以外は立ち入り禁止です】

http://www.arabnews.com/new-shariah-arch-mark-haram-boundary
New Shariah arch to mark Haram boundary
A model of the Shariah arch.

マッカはムスリム以外は立ち入り禁止の町です。色々なブログやHPでここからは入ってはいけないと言う看板の写真を見ることがあります。看板以外にも旗を立てているらしく、50年以上前に934箇所、最近26箇所を追加して合計1104箇所(計算が合わない。気にしないでおこう)に旗を立てているらしいです。でも日ざしも強く消耗が激しいようです。

そこで、ここからは入ってはいけないと言う地域(ハラムな地域)を明確にするため道路にアーチを製作中です。まず一つ目がジェッダ-マッカハイウエイに10月中旬には完成するようです。幅35メートルのアーチが入り口出口の両方に作られるので見た感じはマッカのMの字のようです。両サイドにクルアーンから文章が引用され書き込まれ、グリーンでライトアップされるとのことです。出来上がったら誰か見に連れて行ってくれないかな?

http://oh-syaken.com/x/modules/myalbum/photo.php?lid=6445
http://yaplog.jp/saemizuki/archive/1979

こんなのもありました。

muslims only


theme : 中東
genre : 海外情報

【エジプトの国営放送で女性アナウンサーがスカーフをまとって原稿を読む】

サウジアラビアから”もしもし”
【エジプトの国営放送で女性アナウンサーがスカーフをまとって原稿を読む】

http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentid=20120904135011
MID-EAST Egypt State TV shows presenter in headscarf

エジプトの国営放送の女性アナウンサーがスカーフで髪の毛を覆ってTVで記事を読み上げたそうです。Saudigazetteで AP電を伝えています。

余談ですが、サウジのTVは見た事がないけれどおそらく女性アナウンサーそのものがいないでしょうね。

theme : 中東
genre : 海外情報

【今日のアザーン イーシャ】

サウジアラビアから”もしもし”
【今日のアザーン イーシャ】

結構声が大きいです。再生時は気を付けてください。
イーシャ(夜のお祈り)。今日のイーシャのアザーンは午後8時9分からでした。。


マグレブとイーシャでは違いますね。同じモスクなんですが人が違うようです。比較のためマグレブ(日没のお祈り)も再掲しておきます。マグレブのアザーンは午後6時38分からでした。


どちらのアザーンも近くのモスクのアザーンが小さな声でかぶっています。

theme : 生きる
genre : ライフ

【今日のアザーン マグレブ】

サウジアラビアから”もしもし”
【今日のアザーン マグレブ】

結構声が大きいです。再生時は気を付けてください。

theme : 中東
genre : 海外情報

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。