スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【イードムバラク】

サウジアラビアから”もしもし”
【イードムバラク】

イードムバラク

أتقدم إليكم بأحر التهاني وأجمل التبريكات

سائلا المولى عز وجل أن يتقبل منا ومنكم الصيام والقيام وان يعتق رقابنا من النار
وان يعيد هذه المناسبة علينا وعليكم بالخير واليمن والبركات


多分イードのホリディが始まるのは18日じゃないかと思いますが、今日から連休が始まるので、イードムバラクのメールが来たり、みんなとイードムバラクと言い合っていました。

ところで、ラマダンの場合は「ラマダンムバラク」とともに「ラマダンカリーム」とお祝いの言葉を述べるのですが、イードは「イードカリーム」とは言わないようです。

image001.gif


スポンサーサイト

theme : 中東
genre : 海外情報

【二十八日朝】

【二十八日朝】

サウジアラビアから”もしもし”
【二十八日朝】
1433H年8月28日朝 見えませんでした。今日朔を迎え、明日新月が現れます。ただ新月が肉眼や双眼鏡・望遠鏡で確認できるかは別の話。太陽が出ている間は明るすぎて見えません。太陽が沈んでからの勝負になりますが、6分間の勝負です。太陽が沈んでから6分後には月も沈みます。

さてどうなるか楽しみです。

theme : 海外情報
genre : 海外情報

【皆で新月を探そう】

サウジアラビアから”もしもし”
【皆で新月を探そう】

Supreme Court urges people to look for new moon on Thursday
http://www.arabnews.com/supreme-court-urges-people-look-new-moon-thursday

FRONT PAGESight Ramadan crescent Thursday
http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentid=20120717130174

相変わらず、19日に新月が見えるとか、見えないとか、ラマダンは20日からだとか、いや21日にならなければ始まらないだとか、かしましいです。

遂に数で勝負にでました。信用のおける人が二人の承認のもとで新月を肉眼で見ること。この信用のおける人って、イスラームには聖職者は居ないものの、法学者や天文学者、せめてイマームが相当するのかと思っていました。

The Supreme Court has called on all Muslims in the Kingdom of Saudi Arabia to sight the crescent of the blessed month of Ramadan on Thursday evening, Shaaban 29, 1433AH。

In an announcement made this morning, the Supreme Court also called on whoever sees the crescent of the blessed month of Ramadan by naked eyes or through binoculars to report to the nearest court and register his testimony, or report to the authority of the region's governorate if there is no judge in the area where he sighted the crescent in order to facilitate his reaching to the nearest court.

数で勝負です。The Supreme Courtはサウジの全ムスリムに新月を発見しようと呼びかけました。肉眼だけでなく双眼鏡はOKなようです。2000万人も一度に見れば(実際には見ない人が多いとは思いますが)、中にずば抜けて目のいい人がいますから多分新月を見つけることになるのではないかと思います。一人でも見つけられれば国中これに従います。

20日にはラマダンに入るような気がしてきました。でも強引だなあ。

theme : 毎日の暮らし
genre : ライフ

【二十七日朝】

サウジアラビアから”もしもし”
【二十七日朝】

【二十七日朝】
1433H年8月27日朝のお月さんの写真。
朝いつもの時間に空を見ると月が見えない。でも明るい星は見えていた。遂に見えなくなったかと思ったけれど、30分ほどしてまた空を見ると、月が出ていた。まだ昇っていなかったのか、雲に隠れたいたのか?
あまりうまく写真が取れなかったので、5分ぐらいしてもう一度撮影にチャレンジしようとしたら、だんだんと雲に隠れてしまった。夜が明けてから空を見るとやはり少し雲が出ていた。

27朝


27夜が明けた



牽牛と織姫と間違った星ですが、冷静に考えると牽牛や織姫である訳がない。これらの星は夏の夜に輝く星。毎日見ていた星は明け方東の空に昇ったところ。昼間にかけて空高くに移動する。夏の星じゃない。
なんと言う星かと言う追及は後日行うかもしれない。行わないかもしれない。


theme : 日々出来事
genre : ライフ

【結局何時からラマダンなんだろう?】

サウジアラビアから”もしもし”
【結局何時からラマダンなんだろう?】

FRONT PAGE Speculations rife over start of Ramadan
http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentid=20120715129999

ラマダンは7月20日から始まると書きましたが、いろいろと議論があるようです。
基本的に目視で確認をしなければいけませんし、多くの国では今も目視を採用しています。しかし天体の運行は制度よく計算でき、理論上何時新月が現れるか分かります。この計算にしたがってヒジュラ暦は作成されており、国でも公認されています。公認されているならカレンダーどおりでいいじゃないかという意見もあります。特に今年のラマダンは何時実際に新月が見えるか意見が分かれているようです。理論上は7月19日(木曜)の夕方に新月が現れ、かつ実際に目視で見えると考えている人がいます。この人はラマダンの開始は20日からだといいます。しかし19日は太陽の光が残っており、邪魔になって新月の目視確認は困難。まだ分からないが21日からの可能性があるという人もいます。もちろん目視の場合は19日に太陽だけでなく雲に隠れていて新月が見えなくてもラマダンには入れません。信用の置ける人が2人の承認の下新月を確認すれば宣言書を出せ、それが国中に有効になるので、国のどこかで信頼の置ける人がただ一人でも宣言すればOkです。サウジならどこかは晴れているでしょう。
新月が見えなかれば何時までたってもラマダンに入れないのかというとそうではなく、今年の場合だったら曇り等で7月19日、20日に新月が見えなくても21日にはラマダンに入ります。

theme : 日々出来事
genre : ライフ

【二十六日朝】

サウジアラビアから”もしもし”
【二十六日朝】

【二十六日朝】
1433H年8月26日朝のお月さんの写真。かなり、かない細くなってきた。明日は見られるか。明後日はダメだろう。

重なってた星は牽牛じゃないということにしよう。2つ明るい星が見えるけど、夏の大三角形を作るもう一つが見えない。また以前見た大三角形より二つの星の間が狭いように感じる。
低角度なので、日本では見たことが欲しの可能性がある。一体何と言う星なんだろう。砂漠のまん中に入れば沢山の星が見れるので星座も分るけれど、住んでいるところは明るすぎて特に明るい星しか見えない。

26朝


牽牛と月じゃないんじゃない




【二十五日朝】
1433H年8月25日 丁度織姫(?)と重なっていた。可なり細くなっている。明日は見えるのか?明後日は無理かもしれない。

25朝



【二十四日朝】
1433H年8月24日 曇っていて見えなかった。

【二十三日朝】
1433H年8月23日

23朝

theme : 海外旅行記
genre : 海外情報

【二十五日朝】

サウジアラビアから”もしもし”
【二十五日朝】
1433H年8月25日 丁度織姫(?)と重なっていた。可なり細くなっている。明日は見えるのか?明後日は無理かもしれない。

25朝



【二十四日朝】
1433H年8月24日 曇っていて見えなかった。

【二十三日朝】
1433H年8月23日

23朝



4時半ごろ東の空に見えている。天の川は見えないが牽牛と織姫なんじゃないかと思っている。始めて見た時はやけに明るいので惑星かと思ったが。惑わさないので恒星だと判断。しばらくして牽牛と織姫なんじゃないかと思った。普通もっと空の上の方だろうと思ったが、時間が朝の夜明け前だった。

牽牛と織姫


下が牽牛(彦星)アルタイルで上が織姫ベガなのかな?

牽牛と織姫2


彦星にお月さんが重なっていることにしよう。

織姫と月?



本当に牽牛、織姫なのか自信はない。

theme : 毎日の暮らし
genre : ライフ

【7月20日がラマダン初日】

サウジアラビアから”もしもし”
【7月20日がラマダン初日】

Ramadan set to begin next Friday
http:/www.arabnews.com/ramadan-set-begin-next-friday

ヒジュラ暦の一日の始まりは何時でしょう。西暦では正午を基準にとりますが、そこを日の初めにすると日中に日が変わるのでややこしい。正午の裏の夜中の12時で日付が変わるようにしたのではないかと思います。

ヒジュラ暦では一日の初めは日没からです。マグレブのお祈りはその日の初めに行うという言い方もできます。今年のラマダンは7月20日から始まると予想されていますが、実際には前日の7月19日の日が沈んだすぐ後に新月を観察し、新しい月に入ります。前日の日没過ぎから月としてはラマダン月に入りますが、日が落ちているので断食の必要はない。実質的なラマダン(断食)は翌7月20日からということになります。

新月は実は7月19日の午前中から出ています。しかし新月はとても細くて見づらいものです。満月や半月は太陽が出ていても白いお月さんを見ることができます。しかし新月は太陽が出ていると見えません。19日は太陽が沈んだ6分後に新月も沈みます。この間に新しい月を肉眼で(望遠鏡はOK望遠鏡は可かどうか自信が亡くなったので削除 2012.7.16)確認しラマダンに入ります。

私は新月は見たことがありません。完全に隠れている新月(朔)という意味ではなく、朔からはじめて顔を出すきわめて薄い三日月(三日月はおかしくて一日月というべきかな))です。日が沈んだとはいえまだ明るさが残っているときにわずか数分間だけきわめて細い月が見えるはずです。今まで注意してみたことはなかったです。気がつけばいつの間にか三日月が見えていました。

theme : 毎日の暮らし
genre : ライフ

【二十四日朝】

サウジアラビアから”もしもし”
【二十四日朝】

1433H年8月24日
あかんかった。お月さんが見えなかった。
最近見えていた牽牛と織姫も見えなかったので、うっすらと曇っていたのかもしれない。
夜が明けると少し雲はあったけど、青空も見えていた。
残念。ラマダンまであと6日。

theme : ある日の日記
genre : ライフ

【二十三日朝】

サウジアラビアから”もしもし”
【二十三日朝】

1433H年8月23日(7月23日)

23朝



今月は8月でした。来月9月がラマダンなんだから8月は当たり前。西暦に引きずられました。

theme : 日々のできごと
genre : ライフ

【二十二日朝】

サウジアラビアから”もしもし”
【二十二日朝】

1433H年87月22日の明け方のお月さん。昨日が半月。下弦の月でした。

22朝


1433H年87月21日の明け方のお月さん。
半月と言っていいのかな。下弦の月?それとも明日が下弦の月?

21朝


1433H年87月20日の明け方のお月さん。30÷4×3=22.5。明日はまだ下弦の月まで行かないようです。

20朝

theme : 日々のできごと
genre : ライフ

【二十一日朝】

サウジアラビアから”もしもし”
【二十一日朝】

1433H年87月21日の明け方のお月さん。
半月と言っていいのかな。下弦の月?それとも明日が下弦の月?

21朝


1433H年87月20日の明け方のお月さん。30÷4×3=22.5。明日はまだ下弦の月まで行かないようです。

20朝



21日朝こんな写真もとれました。

21朝2


こんなのも出てました。

赤新月


theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

【二十日朝】

サウジアラビアから”もしもし”
【二十日朝】

1433H年87月20日の明け方のお月さん。30÷4×3=22.5。明日はまだ下弦の月まで行かないようです。

20朝

theme : 日々の暮らし
genre : ライフ

【新月について】

サウジアラビアから”もしもし”
【新月について】

新月には2つの意味があります。まずいわゆる朔と呼ばれる時の月です。朔とは、月と太陽の視黄経が等しくなること、また、その時刻のことでです。朔に月は見えません。この朔の時点の月を新月といいます。
(簡単に満月の反対と考えて良いのでしょう。)

一方朔の後、始めて見える月のことを新月と呼ぶこともあります。時代、地域、人によりどちらを新月というか意見が分かれます。

読売新聞社発現小町 「新月」と聞いてイメージするもの
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/1104/154693.htm?o=0&p=1

この新月は所謂三日月よりは痩せているはずです。一日月とでも呼ぶことができるでしょうか?この月がcrescent moonと呼ばれるものです。イスラームの国旗に使われることがあります。図案では三日月のように見えますが本来はもっとやせているはずですが、それでは分かり難いのでもう少し太めに描かれます。crescentを三日月と訳している場合も有りますが本当は三日月よりも若い月です。


余談ですが、イスラームには赤十字社はなくて赤新月社があります。サウジでも赤新月マークが病院や医療関係を示しています。

ジェッダにある地球儀のモニュメントです。この写真では分りませんせんが、夜になると地図が浮かび上がります。日本も・・・一応・・・あります。

地球儀モニュメント


拡大しました。左下にお月さんがあります。なんで三日月と思っていましたが、これは新月だったんですね。針のように細い本当の新月にすると見えにくいので、かなり太めの新月です。

地球儀モニュメント新月


病院の写真です。角度が悪く分り難いですが、屋根の上にある赤いのが赤新月です。

赤新月




theme : コレ知ってる?
genre : ライフ

サウジアラビアの都市伝説-1 サウジアラビアでは今でもヒジュラ歴を使っている。

サウジアラビアから”もしもし”サウジアラビアの都市伝説、サウジアラビアでは今でもヒジュラ歴を使っている。
https://twitter.com/Al_Japani 

サウジアラビアでは今日は1433年3月4日です。無理やり都市伝説を作っている感が免れません。
サウジアラビアでは一般に西暦が用いれています。会社や官庁、病院など生活のリズムは西暦です。ただし曜日感覚は違います(別に書きます。)

ではヒジュラ歴(イスラーム暦 純太陰暦)は使っていないのかというとそうではありません。サウジアラビアいやイスラームの2大イベント、ラマダーンとハッジ(大巡礼)はヒジュラ歴によって行われます。西暦とヒジュラ歴には平均11日のずれがあります。そのためこれらのイベントは毎年西暦より11日ほど早くなっていきます。

この他に最近気付いたのですが、王令はヒジュラ歴の切りの良いところが施行日になるようです。ランジェリーショップへのサウジ女性の店員採用などはヒジュラ歴を基準にして施行日が決められています。

カレンダーは西暦が基準でヒジュラ歴も書きこまれているのを持っています。ラマダンでも無ければヒジュラ歴は生活にあまり関係しませんが、夜や明け方お月さまを見ると、ヒジュラ歴を思います。この歴は純太陰暦なので密接に月の満ち欠けと関連しています。月の初めはあまり感じないんですが、半月や満月になると、2週間過ぎたか、半月がすぎたかと思ってしまいます。

それはそうと、昔の人は星や月ってとっても不思議なもので大事なものだったろうと思います。まずあれはいったい何だろうと言う疑問。規則に従って動いている。大自然を何者かがコントロールしている感覚。だけどある大変明るい星が変な動きをする。惑星と名付けたのが分ります。月の満ち欠けと潮の満ち引きの関係には気づくも理由は不明。満月の夜の明るさ、新月(新月の定義は2つありますが、ここでは月が見えない方の新月)の暗さ。満月の時に限って月蝕が起こり、新月の時に日蝕が起こる。ともかく不思議で興味深いものだったでしょうね。


theme : 歴史雑学
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。