スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サウジのラクダ】

サウジアラビアから”もしもし”
【サウジのラクダ】

http://www.emirates247.com/news/region/saudi-paper-slams-sr90m-camel-deal-2012-12-09-1.486423
Saudi paper slams SR90m camel deal

http://gulfnews.com/news/gulf/saudi-arabia/dh88-million-saudi-camel-purchase-criticised-1.1115144
Dh88 million Saudi camel purchase criticised

http://www.emirates247.com/news/region/20-racing-camels-sold-for-whopping-dh89-million-as-16-500-beauties-vie-for-titles-in-saudi-2012-12-02-1.485562
20 racing camels sold for whopping Dh89 million as 16,500 beauties vie for titles in Saudi
Camel owners from the UAE, Saudi Arabia, Kuwait and Qatar at annual gathering

新聞記事の内容はラクダに無駄遣いをしている。もっと有意義な使い方があるはずと、サウジの新聞が書いているというものです。

現在サウジの北部でラクダの美ラクダコンテスト(Beauty Contest)が開催されているようです。コンテスト参加ラクダは16,539頭。the UAE(5), Saudi Arabia(393), Kuwait(36) and Qatar(26)からラクダオーナーが集まっているそうです。誰が購入したか不明ですが20頭の大人のラクダを90ミリオンサウジリヤル、3頭の子ラクダを15ミリオンサウジリヤルで買った人がいるそうです。大人のラクダは一頭あたり1億円、子ラクダが6800万円の計算になります。

一体サウジに何頭のラクダがいるんだろうと思っていましたが、新聞に記載がありました。サウジに87万頭、UAEに37万8千頭、オマーンに12万4千頭だそうです。それぞれ人口をサウジ2800万人(サウジ人2000万人)、UAE789万人(UAE人252万人)、オマーン人285万人(オマーン人192万人)とすると、ラクダの所有率は サウジ 3.10%(4.35%)、UAE 4.79%(15.2%)、オマーン4.35%(6.46%)となりました。カッコ内は自国民比率です。カタールやクウェートはラクダはかなり少ないそうです。

サウジに植わっているヤシの木は2000万本(サウジ人一人に一本)だそうですが、それよりはかなり少ないですね。またおそらく羊も半端でない数がいると思います。でもあの大型の動物が90万頭近くいるのはすごいことだと思います。ちなみにラクダはヒトコブに関してはすでに野生種はいません。すべて家畜です。フタコブも野生種は900~4000頭ほどと推定されているとのことです。

このラクダを一体どうするのだろうと思っていました。スーパーの肉屋でもたまには売っているけれど、羊や牛、鶏に比べると比べ物にならないほど少ない。キャメルミルクも売っていますがレアです。ラクダレースもありますが、90万頭も必要がない。

同僚に聞いてみました。彼曰くやはり食べるようです。ただ流通が異なるようです。町にはラクダ専用かどうかはしりませんが、ラクダを取り扱っている店がたくさんあるそうです。ミルクはどうなのかな?ラクダ牧場に行けばラクダのミルクも手に入ります。牧場まで行かない場合どのように流通しているか知りませんが、生ものなので都会のそばのラクダ牧場から毎日運んでいるのかもしれません。一度白いラクダに乗ったラクダ使いの青年に出会ったことがあります。ラクダのミルク要らないか?買わないかと聞いてきました。残念ながらラクダ牧場に行く足がなかったので買えませんでした。

ラクダの肉はかなり獣臭く、また硬いので日本人向きではないと思います。でも子ラクダは高いけど臭くもなくやわらかく美味しいそうです。

ラクダのレースもあります。人が乗るタイプと、ラクダだけで走るタイプがあるようです。ラクダが全力疾走するとかない早いみたいです。最高速度が時速65kmぐらい、継続速度が40kmぐらいです。競馬で75kmぐらいですから少し遅い程度です。ただしラクダの速度はラクダだけのときか、ジョッキーが乗っているときのものかは不明です。

真相は確かめていませんがラクダレースのラクダはヒトコブラクダとフタコブラクダのハーフが適していると聞いたことがあります。またラクダレースのジョッキーの育成の本場はスーダンのようです。

サウジのラクダはスーダンで生まれたのを持ってきたりするようで、その他の家畜もスーダンから輸入しますし、スーダンとサウジとは結構関係が深いです。紅海をはさんで2~300kmですので、関係が深くても当たり前ですね。ボートで不法侵入を試みる人達も後を耐えないようです。

YouTubeからラクダ競争
ラクダと馬の競走。このラクダまじめに走っていない。




日本語に聞こえるラクダレース。(削除されてるかもしれません)




人を載せていないのは早そう。各自自分で日本語を考えてください。




サウジのラクダレース。




最新のオリジナルなラクダの写真
道を歩いているラクダ。

道を歩いているラクダ4


ラクダの行列。


らくだの行3


ラクダの赤ちゃん。

らくだの赤ちゃん

スポンサーサイト

theme : 中東
genre : 海外情報

【ソメイヨシノ】

サウジアラビアから”もしもし”
【ソメイヨシノ】

読売新聞の記事です
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20121108-OYT1T00855.htm?from=y10
静岡のサクラ標本木、ソメイヨシノじゃない?

しょっぱなから余談ですが、10年以上前になるかな、e-mailで外国人と文通しようとしていたことがあります。英語でソメイヨシノを説明しようとして四苦八苦していたのを覚えています。

ソメイヨシノって言うのは江戸時代の終わりに江戸近郊の染井村で作られた桜の品種です。特徴としては大きな花が咲く。花が散るまで新芽が生えないので、緑色のない薄桃色の満開の桜を咲かせることができる。掛け合わせたのは花は小さいけれど、新芽が出るのは遅いのと花は大きいけど新芽と同じ時期に咲くもの。でも詳しくは分かっていないのじゃなかったかな?

記憶だけで書いています。正しい情報は各自で探してください。
参考となるURLはあげておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%82%B7%E3%83%8E

ソメイヨシノは種では増えません。ほとんど実ができないのです。ソメイヨシノのサクランボなんか見たことないでしょう。蛇足ですがソメイヨシノの葉っぱで桜餅を作ろうというのもやめましょう。うちの妻がトライしかけましたが、桜餅の葉っぱ用の薄い葉をつける桜があるというのが分かりやめました。すでに何枚も桜の葉っぱを持っていましたが、泣く泣く(?)捨てました。

本題に戻りますが、ソメイヨシノは種では増えない。ではどうするか?他の桜にソメイヨシノを接ぎ木します。どうやら元のソメイヨシノは一本だったようです。ある一本のソメイヨシノから接ぎ木で増やしていった。遺伝子的には正解中のソメイヨシノは同じものです。逆に遺伝子が違えばそれはソメイヨシノではないことになります。同じ種の生き物でも全く遺伝子が同じというものは動物の場合一卵性の双子以上か最近のクローン技術でしかあり得ないと思います。でも植物の場合は接ぎ木をすれば同じ遺伝子を持つものが何本でも作れます。その極端なのがソメイヨシノです。

毎年桜前線が発表されます。これはすべてのソメイヨシノが遺伝子的に単一だからできる業です。同じ種の植物でも個性があります。ソメイヨシノは遺伝子的には個性がないので同じ条件なら咲く時期がそろいやすいのです。もちろん栄養状態や、土壌の状態で差は出るでしょうけど、結果的にその影響より温度など気候の影響を受け易いのでしょう。

なかなか言いたいことに到達しない。もう少しお付き合いを。
ソメイヨシノは自分自身で受粉し子供をもうけ(さくらんぼ)種で増えることはできませんが近縁種とは交雑することができるようです。新聞記事は静岡でソメイヨシノと思われていたのが、咲く時期が少し早いので調べてみると花の様子も少し違う。DNA鑑定をすると、ソメイヨシノとにオオシマザクラと交雑したものと推定されるとのことです。

あと一息。
ソメイヨシノは遺伝子的に均一です。ソメイヨシノが最近枯れるのが増えているようです。色々な要因があるんでしょうが、ソメイヨシノの種としての寿命が来ているという説があります。近いうちに世界中のソメイヨシノが一斉に枯れていくというものです。

本題です。
もしソメイヨシノに寿命があるとしたら、世の中から消えてします。そうなるとどうなると思いますか?そうですお花見ができないのです。これはゆゆしき問題です。というのは置いておいて、一斉に満開になる桜が亡くなるのはさびしいものです。

今回検定された桜は標準桜でした。各地に標準となる桜を決めておき、その桜を観察し桜の開花を発表します。咲く時期が少し変だと言って調べたところ、花の形も少し違う、DNA鑑定をすると交雑種だったと分かった。逆に言うとかなり本物のヨシノサクラに似ていたんじゃないでしょうか?咲き方や花の雰囲気。

この桜の寿命もヨシノサクラと同じように終末を迎えているかもしれない。(ヨシノサクラは寿命があるという前提で書いています。一斉に枯れるなんていうことがない可能性ももちろんあります。)でもオオシマサクラの遺伝子も入りまだまだ生きていけるのかもしれない。

他の交雑種でも構わないわけだけど、少なくともこの木は次世代のヨシノサクラの交代要員として考えたらどうでしょう。多少咲く時期は違うけれど、専門家も間違うぐらいなんだから。

theme : 日記
genre : 日記

【ラクダ】

サウジアラビアから”もしもし”
【ラクダ】


暗い自動車を運転していると、道の横にゆぅと何かが突っ立っていました。
ラクダでした。暗闇の中道のすぐわきにいました。ぶつかっていたら今頃これを書いていません。
ラクダにぶつかって亡くなる人もいます。事実この道で数年前にラクダにぶつかって亡くなった人がいます。

ぶつかったラクダが死んだら「ラクダのそうれんや」って笑いものにできますが(上方落語参照 そ~れんや、そうれんや、だくだのそうれんや)、自分が亡くなったら笑っていられませんね。

みなさんラクダには気をつけましょう。

ラクダ注意報
ラクダに注意



昼間だったらこんな風にラクダを追っかけている人がいました。
ラクダ20120424-10

theme : 中東
genre : 海外情報

【写真 燕】

サウジアラビアから”もしもし”
【写真 燕】

ツバメってどうしてあんなに飛び回るのでしょうか?休まないので写真も撮れない。たまたまどうにかツバメと分かる写真が撮れました。写真はクリックして拡大して見てください。このままでは分かりにくいと思います。

燕1

theme : 中東
genre : 海外情報

【今日の猫】

サウジアラビアから”もしもし”
【今日の猫達】

猫16101433


猫1610143302


theme : にゃんこがいっぱい、いるよ〜〜♪
genre : ペット

【KACSTでヤシの研究を行ったそうな】

サウジアラビアから”もしもし”
【KACSTでヤシの研究を行ったそうな】

http://www.arabnews.com/node/422831
KACST conducts studies on palms worth more than SR 44 million

KACSTが44ミリオンリヤル(約10億円)かけて82テーマの研究を行ったそうです。以前にも紹介したことがありますが、この記事にもサウジにあるヤシの木の数が紹介されています。サウジには約2500万本以上のやしの木があるそうです。大体一人に一本ですね。デーツ(ナツメヤシの実)の生産は世界一で、世界の生産の中で約15%を占めます。ドバイ空港の免税店でKASデーツと言うのを見たらそれはサウジ産ですのよろしく。特にマディーナのデーツが有名です。その中でも値段は高いけれどアジュワがお勧めです。

日本のソメイヨシノの本数とサウジのヤシの木の本数を調べようと思いましたが、ソメイヨシノの数が分かりませんでした。またサウジで2500万本のヤシはすべてのヤシかデーツのなるナツメヤシだけなのか、デーツをとるために育てているナツメヤシだけなのか不明です。まあ普通に読めばすべてのヤシを含んでいると思います。サウジにはナツメヤシ(日本ではフェニックスでしられている)のほかにも、大きなヤシの実が成る「遠き島より流れ寄る椰子の実ひとつ」を思い出すココヤシや、掌状葉のヤシ(日本で代表的なのは棕櫚や街路樹として用いられるワシントンヤシ)その他のヤシなど色々あります。もちろん一番多いのはナツメヤシです。

ところで、KACSTと言うのは確かリヤド郊外にある研究機関(King Abdulaziz City for Science and Technology (KACST) http://www.kacst.edu.sa/en/Pages/default.aspx)です。参考までに言うとKAUSTはジェッダの北にあるラービグという町にある、King Abdullah University of Science and Technology http://www.kaust.edu.sa/ という、大学院大学で国際的な研究を目指しています。優秀な外国人学者や学生を受け入れるためにKAUSTの学内やコミュニティーは他のサウジの地域とは一味違うとのことです。たとえば、なんと男女共学、アバヤなしです。この2つの機関は名前は似ていますが違うのでご注意ください。
KAUSTはラービグ市にありますが、いわゆるラービグの町からはかなり離れています。キングアブッドラーエコノミーシティーも市名でいうとラービグですがここもラービグタウンからは少々はなれています。

theme : 中東
genre : 海外情報

【ハチクイが戻ってきた】

サウジアラビアから”もしもし”
【ハチクイが戻ってきた】

9月に入り秋になったのかな?ハチクイが戻ってきました。


ハチクイ

theme : 鳥さんとの暮らし
genre : ペット

【モズの仲間】

サウジアラビアから”もしもし”
【モズの仲間】

まだ残暑がきついサウジアラビアですが、久しぶりに歩いてみると真夏にはいなかった鳥がいました。モズの仲間です。2種類いましたが、同種のモズの雄雌なのか、違う種類かは不明です。

モズにお目にかかるのは初めてです。

サウジの鳥83001


サウジの鳥83003


サウジの鳥83004


サウジの鳥83005


サウジの鳥83007


ヤツガシラも夏の盛りには鳴き声を聞くぐらいでしたが、今日はかなり頻繁に見つけました。

ヤツガシラ830


theme : 小鳥大好き
genre : ペット

【猫がいなくなりました】

サウジアラビアから”もしもし”
【猫がいなくなりました】

昼ぐらいまでいましたが、いなくなりました。多分建物のメンテをする人がどこかに連れ去ったのではないかと思います。何度か餌を与えましたが、どうしても付近が汚れます。かといって家の中でも飼えないし。仕方がないかと思います。

昨晩大人の猫もやってきました。子猫を探してきたのかと思いましたが、どうやらこの付近で餌がもらえるようだと縄張りをあらしにきていたようです。

今朝大人の猫と子猫が戦っていました。小さいのに良く奮闘していました。

目がまん丸です。

ita15.jpg


猫も手を”グー”ではなく、”パー”にできるんですね。

ita16.jpg
縄張り争い。大人の猫です。

大人の猫


影から様子を窺っています。

様子を窺う


戦闘態勢です。

戦い1


自らひっくり返り、下から反撃していました。

戦い2


theme : 猫のいる生活
genre : ペット

【猫がきました】

サウジアラビアから”もしもし”
【猫がきました】

猫の鳴き声が聞こえるなと思っていたら、扉を開くと猫が座っていました。子猫ではないけれど大人でもない。乳離れをしたぐらいでしょうか?猫のことはよくわかりません。独り立ちする時期なのか、親猫からはぐれたのか?これぐらいの猫でも親猫と一緒にいることが多いのではぐれたのでなければ、親猫が死んじゃったのかもしれません。

野良ネコはいっぱいいます。餌をあげている人も多いです。ですが、猫にとって住みにくいところでもあります。特に人懐っこい猫には生きつらいところかもしれません。

今日も建物のメンテの人に連れ去られようとしていましたが、偶然見かけそのままにしてもらいました。今のところ二日間建物の階段の踊り場(屋外)に住んでいます。

明らかに餌を暮れと言っているので、餌と水をあげています。

ita02.jpg



ita06.jpg



ita07.jpg



ita11.jpg



ita13.jpg




ita14.jpg


theme : 猫のいる生活
genre : ペット

【サウジには沢山ラクダがいる、野良ラクダもそこかしこにいるって本当?】

サウジアラビアから”もしもし”
【サウジには沢山ラクダがいる、野良ラクダもそこかしこにいるって本当?】

嘘です、のらはいません。基本的には。

しかしのらのらしているラクダは何度か見たことがあります。町の道をのらのら歩いていたり、後続沿いでよくラクダは見かけますが単独行動していて周りに一匹もいなかったり。

沢山いるのは確かだと思います。砂漠の真ん中にラクダ牧場があるようです。

もし野良ラクダがいるというのを聞いたことがあるなら、私の嫁が流したかもしれません。ふらふらしているラクダがいると言ったら、野良ラクダがのらのらいると思ったらしく、友達に話してしまったそうです。

野良イヌはいますね。数匹で行動していました。でも心なしか肩身が狭そうな感じでした。

基本的には野良ラクダはいないと書きました。基本的にはラクダには持ち主がいます。その辺でうろうろしているやつもちゃんと持ち主がいます(そんなにしょっちゅう街中をうろうろしているわけではありません。念のため。)。でも中に気性が荒く手に負えず放置したラクダがいるそうです。あるページで見たんですが、後日探してみましたが見つけることができなかったです。ある砂漠の谷に住む、母と子のラクダのようです。

theme : 中東
genre : 海外情報

【サウジ人は犬は嫌い?】

サウジアラビアから”もしもし”
【サウジ人は犬は嫌い?】

嫌いみたいですね。猫は沢山いますが犬はあまりいません。イスラーム全体があまり犬は好きじゃなさそうです。豚ほどではないけれど避けるべきものに入っていると思います。触るのがだめなんでしょう。よだれや鼻の頭の湿った感がだめなようです。

http://www.aii-t.org/j/islam/jump1/12.htmこのページの最後のほうに犬のことが書いてありますが、犬のよだれは汚いもの、触れば7回洗わなければいけないそうです。一方豚はよだれは体についてもいいようです。

やはり狂犬病と関係があるんでしょうね。

預言者ムハンマドが噛まれたことがあるから犬はだめっと聞いたことがありますが、ガセネタなんでしょうか?

私の同僚、もちろん男、は犬が恐いって言ってました。

theme : 中東
genre : 海外情報

【サウジの砂漠に大きなトカゲがいるって本当ですか?】

サウジアラビアから”もしもし”
【サウジの砂漠に大きなトカゲがいるって本当ですか?】

これも本当のようですね。でもかなり数は減ってきているのかも知れません。それにこのトカゲはベドウィンの大切な食糧だったようです。

ワニにしてもそうですが、爬虫類の肉は鳥のささみのようでそこそこ美味しいらしいですね。

アメリカの女の子がサウジの砂漠で大きなトカゲを捕まえています。


はっきり言ってトカゲも人間も大変です。最後には抱きしめています。

料理して食べてますね。見た目はいまいちです。食べたらそこそこでしょうか。




よくわからんがでかい。
http://www.emirates247.com/news/region/saudi-sold-dinosaur-to-an-american-for-7m-2011-12-04-1.431008

theme : 中東
genre : 海外情報

【サウジの山にはサルがいるのでしょうか?】

サウジアラビアから”もしもし”
【サウジの山にはサルがいるのでしょうか?】

います。

これらのページをご覧ください。場所はジェッダの近くのヒジャース山脈だと思います。
http://xrdarabia.org/2008/12/16/the-woes-of-saudi-life/
http://imagesofsaudi.blogspot.com/2011/11/monkey-menace.html

秘蔵の写真をお見せします。本当にサル?という突っ込みがあると思うので、秘蔵にせざるを得なかったのですが公表します。

ヒヒの子ずれの団体さんが枯れ川を歩いていました。本当にヒヒ?とお疑いのあなた。気持は分かります。でも拡大して見てください。羊とは様子が少し違います。

さる1



鉄塔座っている集団。鳥ではありません。鳥にするとかなり大きいです。鉄塔に座っていますよね。サルしかないです。上の写真も下の写真も肉眼で見たらヒヒでした。でもバスの中からなので一瞬なんです。良く写真に撮れたもんだと思いますよ。

さる2



theme : 中東
genre : 海外情報

【サウジで見かけた生き物】

サウジアラビアから”もしもし”
【サウジで見かけた生き物】

サウジで見かけた生き物です。
ハエは小さめです。しかしすっごくうっとおしい。顔にたかってきて大変です。日本のハエと人懐こさが違います。私はハエに懐かれたくはないんですが。

ハエ


ナメクジでしょうね。少し紫いろっぽい。草むらにいますが、歩道に出てきているのもいます。おそらくかなりの確率で干上がって死んでしまうか。鳥に食べられるかでしょう。

ナメクジ


前にも違う写真を紹介したかもしれません。ヤシの花に群がる小さなハチです。

ハチ


バッタもいます。これはまあ普通のバッタですね。なかに色が少し変な奴(黄色の斑点)もいます。

バッタ


このヤモリは数回見ました。井戸を守るのでイモリ(井守)、水に関係するので両生類、家を守るのでヤモリ(家守)爬虫類と覚えています。ヤモリの指は前後とも5本ですが、イモリは前が4本、後ろが5本です。前の指が5本なのでヤモリというのがはっきりと分かります。イモリは毒を持っているようだけどヤモリは持っていません。

ヤモリ



theme : 中東
genre : 海外情報

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。