スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒さに震えるサウジ人。

サウジアラビアから”もしもし”寒さに震えるサウジ人。
https://twitter.com/Al_Japani 

Without proper cover, the poor struggle to get through winter
http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentID=20120130116579

サウジガゼットからです。 

HAFR AL-BATINはサウジアラビの東部州の北部にあり、イラク、クエートから100kmとは離れていない町です。言いかえればサウジアラビアの中ではかなりの地方です。Wikipediaによると近郊の集落と合わせると人口は40万人とそこそこ居ます。イラクからマッカの巡礼途中にあたり、7世紀にはオアシスがなかったのでワジ(枯れ川)の上に井戸を掘り、水を得て町になったようです。

そんなサウジの北部地域は今日も寒いのでしょう。この地で218人が貧困にあえぎ、波鉄板で作った粗末な小屋に暮らしています。気温が0℃を下ると、雨風(雨はそうは降らないけど)をしのぐ家が冷蔵庫に早変わり。心底冷えるようです。暖房器具もあまりないし、あったとしても燃料代が高い。

サウジアラビアは裕福な国だと思われていますが、サウジ人でも貧しい人もいます。サウジ人かアラブ諸国の出稼ぎかは分らないですが、比較的サウジ人と思われる人でも、かなりよれよれのトーブ(アラブ服)を着て貧しいだろうなと言う人も見かけます。未亡人でしょうか、町で喜捨を受けることで生きている人。都会の交差点で車が止まるたびに花を売っている人。色んな人を見かけます。

そうは言ってもサウジはある程度は金持ち。またイスラームは貧しい人を助ける世界。でもなかなかうまくは行かないようですね。公的な生活保護と言う制度があるのか知りませんが、チャリティーの制度はあるみたいです。でもチャリティーを受ける資格を満足しなければ支援を頂けないのは生活保護と同じです。記事によると申告し条件を満たした人は月500リヤル(参考 最低賃金は3000リヤル ただし3000リヤル以下で働く人も多いと思われる)、ブランケットやその他の品物が冬の間支給されるそうです。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 日々の暮らし
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。