スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サウジのラクダ】

サウジアラビアから”もしもし”
【サウジのラクダ】

http://www.emirates247.com/news/region/saudi-paper-slams-sr90m-camel-deal-2012-12-09-1.486423
Saudi paper slams SR90m camel deal

http://gulfnews.com/news/gulf/saudi-arabia/dh88-million-saudi-camel-purchase-criticised-1.1115144
Dh88 million Saudi camel purchase criticised

http://www.emirates247.com/news/region/20-racing-camels-sold-for-whopping-dh89-million-as-16-500-beauties-vie-for-titles-in-saudi-2012-12-02-1.485562
20 racing camels sold for whopping Dh89 million as 16,500 beauties vie for titles in Saudi
Camel owners from the UAE, Saudi Arabia, Kuwait and Qatar at annual gathering

新聞記事の内容はラクダに無駄遣いをしている。もっと有意義な使い方があるはずと、サウジの新聞が書いているというものです。

現在サウジの北部でラクダの美ラクダコンテスト(Beauty Contest)が開催されているようです。コンテスト参加ラクダは16,539頭。the UAE(5), Saudi Arabia(393), Kuwait(36) and Qatar(26)からラクダオーナーが集まっているそうです。誰が購入したか不明ですが20頭の大人のラクダを90ミリオンサウジリヤル、3頭の子ラクダを15ミリオンサウジリヤルで買った人がいるそうです。大人のラクダは一頭あたり1億円、子ラクダが6800万円の計算になります。

一体サウジに何頭のラクダがいるんだろうと思っていましたが、新聞に記載がありました。サウジに87万頭、UAEに37万8千頭、オマーンに12万4千頭だそうです。それぞれ人口をサウジ2800万人(サウジ人2000万人)、UAE789万人(UAE人252万人)、オマーン人285万人(オマーン人192万人)とすると、ラクダの所有率は サウジ 3.10%(4.35%)、UAE 4.79%(15.2%)、オマーン4.35%(6.46%)となりました。カッコ内は自国民比率です。カタールやクウェートはラクダはかなり少ないそうです。

サウジに植わっているヤシの木は2000万本(サウジ人一人に一本)だそうですが、それよりはかなり少ないですね。またおそらく羊も半端でない数がいると思います。でもあの大型の動物が90万頭近くいるのはすごいことだと思います。ちなみにラクダはヒトコブに関してはすでに野生種はいません。すべて家畜です。フタコブも野生種は900~4000頭ほどと推定されているとのことです。

このラクダを一体どうするのだろうと思っていました。スーパーの肉屋でもたまには売っているけれど、羊や牛、鶏に比べると比べ物にならないほど少ない。キャメルミルクも売っていますがレアです。ラクダレースもありますが、90万頭も必要がない。

同僚に聞いてみました。彼曰くやはり食べるようです。ただ流通が異なるようです。町にはラクダ専用かどうかはしりませんが、ラクダを取り扱っている店がたくさんあるそうです。ミルクはどうなのかな?ラクダ牧場に行けばラクダのミルクも手に入ります。牧場まで行かない場合どのように流通しているか知りませんが、生ものなので都会のそばのラクダ牧場から毎日運んでいるのかもしれません。一度白いラクダに乗ったラクダ使いの青年に出会ったことがあります。ラクダのミルク要らないか?買わないかと聞いてきました。残念ながらラクダ牧場に行く足がなかったので買えませんでした。

ラクダの肉はかなり獣臭く、また硬いので日本人向きではないと思います。でも子ラクダは高いけど臭くもなくやわらかく美味しいそうです。

ラクダのレースもあります。人が乗るタイプと、ラクダだけで走るタイプがあるようです。ラクダが全力疾走するとかない早いみたいです。最高速度が時速65kmぐらい、継続速度が40kmぐらいです。競馬で75kmぐらいですから少し遅い程度です。ただしラクダの速度はラクダだけのときか、ジョッキーが乗っているときのものかは不明です。

真相は確かめていませんがラクダレースのラクダはヒトコブラクダとフタコブラクダのハーフが適していると聞いたことがあります。またラクダレースのジョッキーの育成の本場はスーダンのようです。

サウジのラクダはスーダンで生まれたのを持ってきたりするようで、その他の家畜もスーダンから輸入しますし、スーダンとサウジとは結構関係が深いです。紅海をはさんで2~300kmですので、関係が深くても当たり前ですね。ボートで不法侵入を試みる人達も後を耐えないようです。

YouTubeからラクダ競争
ラクダと馬の競走。このラクダまじめに走っていない。




日本語に聞こえるラクダレース。(削除されてるかもしれません)




人を載せていないのは早そう。各自自分で日本語を考えてください。




サウジのラクダレース。




最新のオリジナルなラクダの写真
道を歩いているラクダ。

道を歩いているラクダ4


ラクダの行列。


らくだの行3


ラクダの赤ちゃん。

らくだの赤ちゃん

関連記事
スポンサーサイト

theme : 中東
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。