スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウジアラビアから”もしもし”サウジアラビでウムラ(Umrah)。

サウジアラビアから”もしもし”サウジアラビでウムラ(Umrah)。

4,700 arrive as Umrah season begins
http://arabnews.com/saudiarabia/article572454.ece

Arab Newsの記事によるとウムラの季節が来ました。

まず巡礼について。イスラームの聖地マッカに訪れ定められた行いをする巡礼には2種類あります。一つが大巡礼でハッジ(Haj,Hajj)と呼ばれヒジュラ暦第十二月ズー=ル=ヒッジャ月(巡礼月)の8日から10日を中心にメッカとその周辺を巡礼します。これはイスラームの五行の中に含まれ一生に一度は行くべきものとされています。しかし、経済状態や健康状態によっては行かなくても問題はありません。一方小巡礼、ウムラ Umrahはそれ以外の巡礼で行くのがよいと推奨されています。

実はウムラというのはいつでも好きに行っていいものかと思っていたんですが、記事を見るとそうではなさそうです。金屋さんの事を書いた時に「今年のHaj、Umrahの季節にはあまり売り上げが期待できない」との文書を見たのでひょっとするとウムラにも季節があるのと思いましたが、まさにそのようでした。

巡礼には巡礼ビザが発行されますがサウジアラビアはそのビザを厳重にコントロールしています。日本からの観光ツアーではサウジ公認の旅行会社を通じてしかビザが発行されないし、日本からのハッジも同様に旅行会社を通じたツアーでなければ行けません。他の国(湾岸諸国などは別なのかもしれませんが)も同じなのでしょう。ハッジの巡礼ビザは概ねその国のムスリムの0.1%を目安に発行されます。日本は少し優遇されているようです。

ウムラもハッジなどと同様にきちんと管理されていると考える方が妥当と言えば妥当です。ハッジよりは込まない分ビザが取りやすい、巡礼様式はハッジより簡略化されているようです。このような状況ですのでウムラも季節があると言うのも納得です。ビザの発行や巡礼者の管理は結構大変な仕事、もちろんその仕事にサウジは熱心なんですが、一年中となると参ってしまいそうですね。ウムラはハッジでサウジを訪れる人が増えているのでマッカプロジェクトを行っているわけです。

今回のウムラはトルコ、アルジェリア、イラクが中心とのことです。どこの国からも行けるわけではないようです。国ごとに時期割をしてるんでしょうね。

大量に巡礼者を受け入れるジェッダ空港にはハッジ専用ターミナルがあります。記事には到着用に8つ、帰国用に5つのカウンターを設置したとあります。ハッジターミナルには恐らく旅行者用の建物はありません。周辺道路から大屋根を見ることができます。雨はほとんど降らないので日よけさえできればいいのでしょう。飛行機がオープンなターミナルに横付けされ、カウンターで手続きを済ませると、同じくそばまできているバスに乗ってマッカへ、このような手順ではないかと想像しています。この大屋根(大きな屋根を何十も並べています。一つの屋根が40m四方。これを3×7=21個集め1ユニット。これが東西に5つずつ。合計10ユニット。210個の屋根が並んでいます。)

ジェッダ空港の位置 21.698704,39.139009 
グーグルの衛星写真で上記位置か、「ジェッダ空港」で検索してみて下さい。大屋根が見れます。600m×250mぐらいの大きさのターミナルが2つあります。到着と出発かな?北ターミナルの20倍ぐらいはあるんじゃないだろうか?最も北ターミナルが空港の規模に比べるとあまりに小さいと言う事は言えると思います。(南ターミナルも北と同じようなもの見たい。一回しか行ったことがないけど。)

ちなみに、最近原則写真を取ることは解禁になったようです。言いかえれば少し前までは許可がなければサウジ国内では写真を取ってはダメ(室内や私邸もダメだったんだろうか?)だったと言う事です。しかし今でも撮影禁止のところは多く、飛行場は撮影禁止です。また知らないで撮影禁止のところを撮り捕まった日本人もいますし、人特に女性を撮るともめ事になる可能性が高いので、写真を撮るのは相当慎重にした方がよさそうです。

最近マッカへの鉄道ができたけど、どうやって利用するんだろう。謎です。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

tag : イスラーム ウムラ ハッジ 巡礼 Umrah Haj

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。