スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウジアラビアのお米。

サウジアラビアから”もしもし”サウジアラビアのお米。

タイトルはサウジアラビアのお米ですが、サウジアラビアで買ったお米が正しい表現です。

Indus Valley米ということでパキスタンのお米のようです。サウジでは沢山の種類のお米が売っています。食べ比べようにも一度買うと一人身ゆえかなり長期間台所に滞留します。おまけに安売りしてたので買ったら直前に買ったのと全く同じものでした。

前回はこの袋につられて買ってしまいました。値段は2kgで11.95リヤル(12リヤルってレジでは打ってましたが・・・・)値引き前が14リヤル。いずれにせよ300円以下です。


お米

裏側はちゃあんとアラビア語です。サウジには出稼ぎパキスタン人も多いのでアラビア輸出用ですね。ちなみに日本のお米はありません。

お米2


白くて長細いです。香りはあまりなく癖もありません。食べやすいお米です。

お米3

洗った後です。色が白いのは写真写りに由来します。上の写真は少し黄色がかかっていますが、下の写真のように真っ白です。


お米4


ご飯を炊いています。最近は鍋で炊いています。タマネギ、トマト、ニンジン、ニンニク、マッシュルーム(缶詰)、タケノコ(缶詰)、オリーブ、コリアンダーリーフ、Dillリーフ、ついでにミント、おまけにギ―を少し。オリーブに塩気があるので塩は入れていません。お米は150gでしたが、鍋から溢れそうになりました。お米が柔らかくなったら煮汁を捨てて蒸らして前半戦終了です。滅茶苦茶しても何とかなるものです。初めはカレーにしようとしてたんですが・・・。


ご飯を炊く



一部をグラタン皿に取り、スイートチリをかけ、各種チーズをふりかけオーブンで焼きました。チーズはエメンタール、ベガ、ホワイトチーズ、ハロウミチーズと豪勢に4種類です。赤い点々はタバスコです。気にしないで下さい。

まあ食べられると言うか、私的には美味しかったですよ。ミントは少しで全く感じず、Dillリーフも行方不明。コリアンダーリーフはさすが香菜と言うだけあって香りがしています。コリアンダーも食べ慣れたので良い香りだと感じます。大きめのマッシュルームが予想に反して美味しかったです。肉毛がないので肉の代わりの様な。

ハロウミチーズがキシキシしていい感じです。エメンタールとベガは溶けています。ホワイトチーズ(グリーンランドという銘柄だけどエジプト産)は普通こんなところに使わないと思います。溶けもせずあまり変化はありませんでした。


出来上がり


御馳走様でした。

でも半分残ってしまった。明日もまたこのご飯か。
カレーにしてみようかな。クミンに、コリアンダーパウダーにターメリックがあればどうにかなるかな?失敗したらガラムマサラをほり込んで帳尻を合わせよう。
関連記事
スポンサーサイト

theme : おうちごはん
genre : グルメ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

メッツェで検索してこちらにたどり着きました。
私はカナダ在住で、インド系が多く住んでいるところ。中東系の方も最近多くなってきました。

職場でもインド系の方が結構居ます。
そういうのもあり、このお米、よく食べますよ!
Indus Valley米(インディカ米)と言う品種なのでしょうけど
バスマティライスと言うほうが通名?というか一般的みたいです。(お米の袋にも書いてありますね)
たぶん、インド・パキスタンだけでなく、中東やイランでもこのお米が一番一般的なのではないでしょうか?
シリア人の同僚(彼女はサウジで育ったそうです)パキスタン人の同僚も、イラン人の知人もみなこのお米ですね。

インド系の方は、炊くときにたまねぎのみじん切りとクミンシードをオイルで炒めて香りを出したものと塩を加えて炊いてる方が多い感じ。お米とクミンの香りがよくあって、おいしいです。やっぱりお米自体に少し塩気で味をつけておくとなおいい感じ。カレーにはぴったり。
そんな炊き方もよろしければお試しくださいね。


コメント有難うございます

> メッツェで検索してこちらにたどり着きました。
> 私はカナダ在住で、インド系が多く住んでいるところ。中東系の方も最近多くなってきました。
>
> 職場でもインド系の方が結構居ます。
> そういうのもあり、このお米、よく食べますよ!
> Indus Valley米(インディカ米)と言う品種なのでしょうけど
> バスマティライスと言うほうが通名?というか一般的みたいです。(お米の袋にも書いてありますね)
> たぶん、インド・パキスタンだけでなく、中東やイランでもこのお米が一番一般的なのではないでしょうか?
> シリア人の同僚(彼女はサウジで育ったそうです)パキスタン人の同僚も、イラン人の知人もみなこのお米ですね。
>
> インド系の方は、炊くときにたまねぎのみじん切りとクミンシードをオイルで炒めて香りを出したものと塩を加えて炊いてる方が多い感じ。お米とクミンの香りがよくあって、おいしいです。やっぱりお米自体に少し塩気で味をつけておくとなおいい感じ。カレーにはぴったり。
> そんな炊き方もよろしければお試しくださいね。

始めてコメントを頂きました。すぐに気がつかず申し訳ありません。
世界中で売っているんですね。日本でも売ればいいのにと思います。日本では普通のスーパーでは日本のお米しかありませんが、長細いお米もおけばいいのにと思っています。袋の表はアルファベットですが、裏はほとんどアラビア語です。アラビア語は分らないのですが、アラビア語のアルファベットのみ分るので、 بسمتي バスマティ(BSMTY)と書いてあるのが分りました。教えていただいた炊き方で炊いてみます。クミンシードも一応常備しています。

その他にも色んな種類のお米が売られています。色々食べてみたいのですが、1人身なのと、ついお米ではなく、色んな物(最近はDOSAI(インスタントですが)にチャレンジしていました。)に手を出してしまいお米を食べる機会もそう多くないので一向に減りません。(そう言えば最近コリアンダーリーフばかり食べている。コリアンダーリーフ入りのお好み焼きとか、カレーにも大量に突っ込んでしまった。一束1リヤル20円ちょっとなので手軽です。)

サウジ人もパンだけでなくご飯もよく食べます。サフランライスに羊の煮たのをどんと載せたカブサを素手で食べるのってとっても美味しいです。ブログにカブサの写真も幾つか載せてますので、よろしければご覧ください。
http://maltfan.blog59.fc2.com/blog-entry-128.html

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。