スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウディアで出稼ぎ労働者の稼ぎは?

サウジアラビアから”もしもし”サウディアで出稼ぎ労働者の稼ぎは?

新興国情報 と言うページにあった情報です。
http://www.emeye.jp/disp%2FBGD%2F2011%2F0926%2Fstockname_0926_097%2F0%2F2/

さくっと引用させてもらいます。引用元は上記のページです。
BAIRA(バングラデシュ国際就職あっ旋協会)、SANARCOM(サウジアラビア国家雇用評議会)の取り決めでは「派遣対象となる職種は家政婦、車の運転手、警備員、庭師の4つとなっている。家政婦の月給は無料宿泊施設と食事付きで600リヤル(約1万2600円)とされたほか、車の運転手の月給は800リヤル(約1万6800円)となった。警備員と庭師の月給はいずれも無料宿泊施設と食事つきで600リヤル、または現金で800リヤルのみと定められた。なお、バングラデシュの一人当たりGNI(国民総所得)は10年の暫定値が684ドル(約5万4720円)となっており、サウジアラビアで働くと所得はおおむね3-4倍になる計算だ。」
タクシーの運転手さんにはバングラデシュ人が多いです。国の取り決めがあるんですね。どんな仕事でも良いから働けると言うわけではなさそうです。

バングラデシュ人でジャニタ―と呼ばれている掃除夫さんも沢山います。またモールでは量り売りの店員さんがバングラデシュ人でした。取り決め以前に入った人なんでしょうか?

今回注目したいのは出稼ぎ労働者の賃金です。ちなみに何度も書いていますがサウジ人の最低賃金は増額され現在は月3000サウジリヤル。休職手当っぽいのが月2000リヤル。私立学校の先生が5000リヤル+住宅手当600リヤルを保証。これでも日本円に直すと大した額にはなりません。

単純労働の出稼ぎ労働者の賃金は、家政婦さんで住みこみなので住居と食事が保障されていて600リヤル、この頁の換算では日本円で約12,600円(一リヤル20円チョイで計算してますね。)。運転手さんは800リヤル。タクシーの運転手さんに聞くと一度出稼ぎ来ると3年継続して働くそうです。そうすると40日ほどの休暇が貰え、故郷までのエコノミー運賃が支給されるそうです。

知り合いに家政婦さんの給料を聞いたところ、アフリカの出身者で850リヤル、食事、住居、健康管理などは雇い主が責任を持ち一時帰宅旅費を支払うとのことでした。インドネシアは少しもめていましたが1200リヤルに落ち着いたようです。知り合いは高いって言ってました。

またフィリピン人の自称(?)電気技師は給料が1000リヤルって言ってました。多分単純労働者(レイバー)の職種でサウジに来ているのでしょう。

http://board.classifieds1000.com/Saudi_Arabia/Expat/Cost_of_Living_for_Indian_expat_in_Jeddah
このページにまだ働いているわけではありませんが、こんな条件でオファーがあったと言う書きこみが幾つかあります。例えば、

「I am an engineer with 5yrs exp.
a bachelor.
contract includes housing, transportation, medical, facility
With 3500 SAR/month + 1 month paid leave and travel allowance to and fro to india .once in year.
Please comment.if the offer is ok or not.」
基本給で3500リヤルです。単純労働者よりは少しはよさそうで、サウジ人の最低賃金は上回っています。年に一回インドに帰れそうです。

「Hi i got a job from SA norton hospital. 2 year contract with housing only bachelor. i dont know food expenses, plz send monthly cost of food expenses details with transportation. 2500R only salary. internal auditor that hospital 9 hours duty.」
病院の内部監査で2500リヤル。これに住居や交通費の手当てが付くのが普通です。

「sir i havegot an ofer from ryiadh with 10000 sr p/month .single status visa can i get spouse visa on demand from the company which is offring me the job .it is a private ferm.whatis the average salary for radiographers there.」
X線技師でリヤドで10000リヤル。リヤドはジェッダより物価が少し高いそうです。「.single status visa」このstatusでは家族は呼べません。家族を呼ぶにも雇い主(スポンサー)からの推薦か何か必要です。本人の職種や学歴によって、また会社によってはファミリービザの取得が難しい場合があります。何かと問題が発生するのがサウジアラビアです。

その他幾つかオファー(会社からの給料提示)が載っています。金持ちのサウジと思うかもしれませんが、外国人労働者の給料は高くありません。もちろんそれでも本国より高いので来るわけです。もうひとつ、何かと大変はサウジアラビではありますが、ムスリムにとっては聖地のあるあこがれの国でも有ります(あこがれの国というのはサウジ人の発言ですが・・・)。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 夢へ向かって
genre : 就職・お仕事

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。