スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウジアラビアの離婚の増加。

サウジアラビアから”もしもし”サウジアラビアの離婚の増加。


Arab News
Divorce cases increase by 21 percent
http://arabnews.com/saudiarabia/article591438.ece

昨年148,000組が結婚し、31,000が離婚しました。毎日406組が結婚し、85組が離婚したことになります。

ところでイスラームでは離婚は別に悪いことではありません。宗教的に結婚には夫婦とも権利が与えられ、その権利を契約として決定します。その契約の中には男性の持参金云々もありますが、離婚した時の女性への慰謝料、財産の取り分なども極めておきます。仲の良い二人でも先に離婚受験を決めておくのがサウジ流です。

その他興味のある数字として、昨年の結婚の中に16,415人の外国人の結婚が含まれています。

129,600組がmarriage officials (mazouns)で結婚、18,400組が by judges in courts とのことです。何が違うのかはよくわかりません。


外国人との結婚ではサウジ男性は(2373人)は 1,265 Yemeni women, 127 Syrians, 117 Pakistanis, 80 Palestinians and 72 Egyptians と結婚。
サウジ女性は(2,122人) 557 Yemenis, 462 Kuwaitis, 222 Qataris and 113 Syriansと結婚しました。


外国人との結婚ですが、イスラームでは、共にムスリムの場合結婚はできますので、半島のアラブ人とは殆ど結婚できます。男性はイスラームまたは啓店の民(キリスト教徒、ユダヤ教徒)は結婚できますが、その他の宗教ではダメです(サウジ人がキリスト教徒を結婚するのか、できるのかはよく知りません。)女性の場合は夫になる人はムスリムでないといけません。

結婚相手にパレスチナ人がいますが、生まれた時からサウジにいるパレスチナ人もいます。この間見てもらった歯医者さんがパレスチナ人だと言ってましたが、サウジで生まれたって言ってました。知り合いのパレスチナ人はパレスチナのパスポートがなくレバノンのパスポートを持っています。でも国籍はパレスチナです。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 離婚
genre : 結婚・家庭生活

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。