スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サウジアラビアから旭天鵬さんおめでとう】

サウジアラビアから”もしもし”
【サウジアラビアから旭天鵬さんおめでとう】

今日も相撲ネタ。おまけにアラブでもサウジでもありません。とにかく旭天鵬優勝おめでとうございます。37歳8カ月の優勝は史上最高年齢優勝とのことです。旭鷲山と一緒に入門した、モンゴル勢の一期生です。旭鷲山の方が出世も早く活躍しましたが既に引退。後輩の朝青龍も色々ありましたが引退。11歳年下の後輩鶴竜が大関に昇進した場所に見事に優勝です。四股名に旭が付くのは元大関の旭国の大島部屋に入門したから。4月に大島親方が定年退職した後は部屋を継ぐと思われていましたが、現役を続行。このため今場所から友綱部屋に移籍したばかりです。引退していたら初優勝もなかったところです。個人的には現役で年寄も兼務する所謂二枚鑑札を許可して欲しかったところです。琴の若は親方の退職を気に現役を引退しましたが、二枚鑑札で現役を続けていたらもう少し活躍していたと思います。

すでに旭天鵬さんは日本に帰化していますし、出稼ぎ労働者とは言えないとは思います。でも外国に出てならない文化の中でここまでこれた。海外で仕事をするものの一人としてもおめでとうと言いたいです。

二枚鑑札とは:明治時代芸人さんは鑑札を受けなければいけません。営業許可証のよな物でしょうか?江戸時代にあった鑑札
制度が廃止になり、明治なり都道府県が発行するようになりました。東京は東京警視庁が発行しています。明治の東京相撲は東京警視庁の管轄でした。(江戸時代は寺社奉行、現在は文部科学省管轄)芸人さんだけでなくお相撲さんも鑑札が必要だったことがあります。この鑑札は現役力士だけでなく(制度は良く分からないけど下位力士は要らなかったのではないかと思います。鑑札に等級があり、等級に応じてお金を支払う必要がありました。)、年寄、いわゆる親方も鑑札が必要でした。このため現役力士で親方も兼ねる場合(当時は兼務はありふれていました。)鑑札が2枚必要になります。鑑札制度は多分明治の終わりにはなくなったと思いますが、二枚鑑札なる言葉は永く残り、今でもたまに使われます。最後のいわゆる二枚鑑札は年寄春日野を兼務した栃錦です(特例で認められました。50年ほど前ですね。でも制度としては 残っているようにも思うんですがね。)有名なところでは双葉山道場を開いた双葉山がいいます。彼の場合は一代年寄双葉山と力士名双葉山の兼務です。双葉山の弟弟子の羽黒山も現役の晩年二枚観察ですが、普通に年寄立浪を兼務しています。吉葉山の吉葉山道場は年寄り資格がないままで部屋を作ったものです。引退後一代年寄吉葉山の吉葉山部屋を作りましたが(すぐに宮城野部屋に変更)彼の場合は二枚鑑札ではありませんでした。

結局なぜか二枚鑑札の説明の方が長くなってしまった。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 大相撲
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。