スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【幼児婚】

サウジアラビアから”もしもし”
【幼児婚】

KINGDOM Minors should not be married, say experts
http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentID=20120608126272

幼児婚の問題について述べられています。サウジアラビアの結婚は複雑です。正直に言ってよくわかりません。普通の結婚でも一緒に住むまで長いプロセスを経ます。結婚式は婚約式も含め3回あるとも聞きました。また一時婚の制度もあります。イスラーム的に結婚する場合国は関与しません。国には結婚は幾つからという法律はなくシャリア―法が適用されます。とまあよくわからないサウジアラビアの結婚事情ですが、いまでも幼児婚というのがあるようです。

新聞であげられている例では10歳の女の子が50歳年上の60歳の男性と結婚しているそうです。幼児婚の女の子の両親はお金持ちと結婚することでその子の将来が安泰になると考えるようです。でも時代も変わり今ではなかなかこの考えは通用しません。ただし、一般の結婚も今でも母親を中心とした見合い結婚が多く、たとえ幼児婚をしなくても、自由恋愛による結婚は当面サウジでは望み薄だと私は思います。

個人的には恋愛至上主義もどうかと思います。結婚とは何かが分り難い世の中になっているんでしょう。幼児婚は今の世界にはなじまないと思います。見合い結婚も西洋的な観点からはなじまないのかもしれませんがイスラームの文化かアラブの文化なのか、この国では見合い結婚が中心でも良いと感じます。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 結婚生活
genre : 結婚・家庭生活

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。