スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【離婚法廷が必要だ!】

サウジアラビアから”もしもし”
【離婚法廷が必要だ!】

KINGDOM Divorcees need justice
http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentid=20120620127564

新聞ではこういっています。
1)サウジアラビは現在離婚率について言うとアラブ諸国や湾岸諸国に中でトップである。2)今年に入り離婚件数は9233にも上っている。3)707の登録した結婚があるので、このことは一つの結婚につき25の離婚があると言うことになる。

1)Saudi Arabia is currently on top of the list among Arab and Gulf countries when it comes to divorce rates. 2)The number of divorce cases this year has reached 9233. 3)There have been 707 registered marriages, which means there is one marriage for every 25 divorces

3つ目の文章は意味があるのかな?あるのかもしれない。でも私には良く分かりません。なぜ1つの結婚に25の離婚?逆じゃないの?これについては理由は分からなくはありません。サウジアラビアでは幾つかの結婚があります。登録した結婚と訳しましたが原文はregistered marriagesです。これは結婚を政府に登録するものです。日本ではこの方法しかありません。サウジではこの方法より他の方法のほうが一般的です。それはシャリア法に基づくイスラームの結婚です。この結婚では政府への登録は無いようです。また良く御存知のように奥さんは4人まで持つことが可能です。とは言っても一人が今では一般的です。よく“あなたもサウジで二人目を貰ったらどうか?”とは言われますがもちろん冗談です。二人貰うことは話のネタになるぐらい一般人では少なくなっていると思います。(知り合いで何人か二人嫁はいますので、ものすごく珍しいというほどでもないようです。)さらにアラブ特有の一時婚という制度もあるそうです。一時婚は同居しない、扶養の義務がない結婚です。逆に言うと普通の結婚は男性が女性を扶養する義務があります。また女性には一緒に暮らす権利があります。複数の妻がいると本来は公平に一緒に暮らす必要があります。守っていない人も多いようですが。

相当話はそれてきました。記事の内容とは端からそれているのですが、さらに逸脱してきました。サウジには色んな結婚があるという紹介ということで御理解願います。

話をもどします。3つ目の文章の「結婚」は「登録婚」のこと、離婚は多分シャリア法による結婚も含めたものでしょう。この数字を出しても離婚の実態は良く分からないと思うのですがどうでしょう?何か読み落としていることがあるのかな?自分の持っている数字を並べただけのような気がする。でもいつもの通りマフィームシケラ(No problem)です。気にしていてはやっていけません。

さてそろそろ新聞の本題です。
本来シャリア法では結婚する時に離婚時の財産分与などを決めておくのが普通です。新聞記事によると元夫は元妻や子供の扶養義務もあるようです。
近頃のサウジの男性は、この元奥さんと子供の扶養義務を果たさない人が多いようです。そうなると法廷で争うことになるのですが、どこの国も同じなのか解決までに時間がかかります。
(そうか、亡きナイフ王子の元奥さん、ホテルを無断宿泊した人。日本では別れてしまえば子供の養育費は義務でも妻の扶養義務はない。だけどここはサウジ。ナイフ王子はこのプリンセスの扶養義務が残っていたのかもしれません。)

そこでサウジガゼッテは、「離婚の特別法廷を設け、この法廷に元夫に元妻、子供を養育するための離婚手当を強制的に払わせる権力を与えるべきだ、そうでないと離婚した女性が、女性だけが被害を蒙り続ける」と述べています。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 離婚
genre : 結婚・家庭生活

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。