スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中国企業が建設現場からドロップアウト】

サウジアラビアから”もしもし”
【中国企業が建設現場からドロップアウト】

KINGDOM Saudi standards too high for leaving Chinese contractors
http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentid=20120622127770

東部州からの発信です。近頃建設現場で多くの中国企業がサウジの要求水準、規制についていけずドロップあうとしているようです。

マッカのメトロは中国企業が作りました。このケースは要求水準に関して色々追加で指示をしたのかどうかは知りませんが、とにかくサウジから追加の要請が多数あり、また期間内に作らなくてはいけないこともあり中国側は酷い目にあったそうです。ある意味サウジも中国も日本人から見れば傲慢な国家だと思いますが、これらがぶつかったらどうなるのでしょうか?サウジに対してはしたたかさが要求されるんじゃないでしょうか?

サウジは発展途上国でしょうか?私には良くわかりませんが、少なくとも建てもやその他の規制に関してはアメリカから入ってきているためなのか要求水準はかなり高いものがあると思われます。中国は自国やアフリカなどの規制の緩いところと同じような感覚でサウジに来たのかもしれません。また交渉もアラブ商人の伝統もあり、傲慢かつしたたかたんでしょう。

良く中国との連携の記事も出ていましたが(紹介はしませんでしたが)、今後中国は立てなおせるのかな?

背景には中国や韓国などがサウジに橋頭堡を設けようとかなり安い値段で入札ていることがあると思います。その金額では建設は無理ですといった金額で入札します。中国の場合、金額でマッカメトロでえらい目にあったはずですし、この記事によると技術的にもまだまだなのでこれから大変ですね。
韓国は少し気付いてきて、このままの状態ではサウジで仕事は取れても全く利益がでない。むちゃな入札は控えるべきだという意見がでてきています。日本は最先端の特殊な技術や優れた技術分野ではサウジと協力体制を作れますが、一般的な建設などは入札負けしてしまいます。
原子力発電所の建設は韓国の手に渡りました。韓国は原子力発電所の建設に関してライセンスを持っています。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。