スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ラマダンの準備完了】

サウジアラビアから”もしもし”
【ラマダンの準備完了】

Two Holy Mosques ready for Ramadan
http://www.arabnews.com/two-holy-mosques-ready-ramadan

ウムラービザは550万人分発行しました。また国内居住者もラマダンの時には2つの聖地に巡礼に行きます。これらの人たちを受け入れるだけで大変です。よくサウジは外国人を観光で入国させない、閉鎖的な国だと思われがちです。でもムスリムたちにとってはまた違う顔を持っているのです。ウムラー、ハッジの巡礼だけで大変で、非ムスリムの観光まで手が届かないのではないかと思います。マッカ、マディーナは普段からムスリム、ムスリマしか入れません。非ムスリムに自由な観光を認めるとマッカやマディーナに潜り込もうとする人がでて大変なんじゃないかとも思います。実際以前仕事で入国した人でしょうが、もぐりこんだこともあるようです。またニセムスリムで巡礼ビザで入国した事もあるようです。今はかなり厳しくなっていると思います。指紋認証で身元がばれます。

巡礼も自由にどこにでも行けるわけではありません、国内居住者、湾岸諸国者以外は基本的にサウジの旅行会社と提携した団体旅行です。

どうしても横道にそれる。記事はその様なラマダン中の巡礼の受け入れ態勢が整ったという報告です。首都のリヤドでもむやみのイフタールの食事(ラマダン明けに食べる食事)を与えるなと言われていますが、料聖地でも同じように指示されています。その代わり正式なイフタールの施しは準備万端整ったとの事です。

規制のないところではモスクの横、ちょっとした広場に絨毯が敷かれ、住民が施し物を持ち寄り貧しい人たちに振るまわれます。無制限にこれをすると収拾がつかなくなったり、ゴミの問題、聖モスクの周辺に巡礼者では無くて外国人労働者が集まるなどの弊害があるんでしょうね。

マディーナの預言者モスクではザムザムの水の手配もすんだようです。間位置に290トンのザムザムの水をマッカからマディーナに運びます。

また多くの清掃要員(マディーナでは3200人)も確保し、ラマダンの始まるのを待っています。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 海外情報
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。