スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【二人の女性】

サウジアラビアから”もしもし”
【二人の女性】

二人の女性が話題になっています。一人はMaryamさんと呼ばれる人。YouTubeで白いヘジャブを被り、「断食やお祈りに疲れてしまった。ユダヤ教やキリスト教を嫌うような教育を受けてきたがキリスト教に出会い平安を感じ、キリスト教が気に入った」というようなことを発言しています。そしてレバノンで改宗したような感じです。

でも結構ややこしくて、レバノンのキリスト教界はこの内容を認めていないようです。

彼女の同僚二人(うち一人はレバノン人)が関与して、彼女をイリーガルに出国させたことまでは事実のようです。

一方でMayramさんと名乗る人(たぶんこちらが本者)が、「あれは私ではない。私はまだイスラームだ。イラク人が私を騙っている。私ならなぜ顔を隠す必要があるのか。現在スウェーデンの教会にいるが自由に外には出られない」と新聞に語っています。

一度改宗したのに心変わりをしたMayramさんに激怒したレバノンのキリスト教界は彼女をトルコに追い出したという情報もあります。トルコ経由でスウェーデンに行ったのでしょうか?

レバノンやスウェーデンのキリスト教関係者は彼女がサウジに戻れば死刑になると信じ込ませているとも書かれています。

彼女と父親とはコンタクトは取れているようです。
今のところ詳細は不明です。どうなるのでしょうか?

もう一人はAla Khalafさんという人で、サウジ人にも関わらずイスラエルの国籍を得たというものです。これもなかなかややこしい。まず記事を読んでも彼女の得たのが国籍なのか市民権なのか良く分からない。国籍と市民権ではかなり違うような気もします。イスラエル当局は国籍を与えたと言っているようです。

彼女は当初サウジ人と報道されましたが、こちらも本人が出てきてサウジ人ではないといっています。自分はレバノンの市民権を持ったパレスチナ人だと言っています。レバノンの大学で知り合ったたぶんパレスチナ人と結婚してパレスチナに住んでいるようです。

夫がイスラエル人であれば、パレスチナ人以外は結婚するとイスラエルの市民権が得られるようです。しかし今はイスラエルはパレスチナ人の市民権が増えるのを嫌がって、パレスチナ人に対する例外規定を設け市民権は得られないようです。

彼女は「イスラエルの市民権を持たない人は、持っている人とは別れて暮らさなければいけないと言うポリシーがイスラエルにはあるので、市民権を取得しようとした」というようなことを言っています。でも本当かどうかよく分からない。パレスチナ人は結婚しても市民権を得られないという話しです。ある人は政治的な悪意でイスラエルは彼女に国籍を与えたのではないかと言っています。旦那さんが市民権だけ持っていて国籍をもって居なければ、彼女がパレスチナ人でなくても結婚によって市民権を得るというのは無理でしょう。旦那さんのお父さんは元パレスチナの闘士だったとのことで、100歳近くで存命とのことです。

また彼女の発言にも市民権とあったり国籍とあったりで混乱しています。もっともこれは彼女の発言したアラビア語から英語に直すときのミスかもしれません。

とにかくこちらも今ひとつ状況は分かりにくいです。

まとめるとこういうところでしょうか。
サウジで暮らしていたパレスチナ人が結婚してパレスチナに住んでいる。生活上の不便を解消するためイスラエルの市民権を得た。サウジ人なら問題かもしれないが、彼女はパレスチナ人なので問題はない。

イスラエルの市民権を得ても私はパレスチナ人だ。両親や親類はサウジにおり家族に会えなくて寂しい。来年はウムラー(巡礼)でサウジに行き、家族とも会いたいと言っています。

http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentid=20120728131309
KINGDOM Saudi Christian convert criticizes Islam, Hai’a

http://www.worthynews.com/11660-saudi-convert-criticizes-islam
Saudi Convert Criticizes Islam

http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentid=20120801131748
KINGDOM Alleged Saudi convert claims she is still Muslim


http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentid=20120731131644
KINGDOM Media claim: Saudi woman obtains Israeli nationality

http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentid=20120801131746
KINGDOM I’m Palestinian, not Saudi, asserts Ala Khalaf
関連記事
スポンサーサイト

theme : 中東
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。