スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【相変わらずフィリピンとインドネシアのメイドさんの話】

サウジアラビアから”もしもし”
【相変わらずフィリピンとインドネシアのメイドさんの話】

http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentid=20120815133202
KINGDOM Fakieh: New version of Nitaqat to be launched in 2 months

Nitaqatの記事にフィリピンとインドネシアのメイドさんの話も出ていました。詳細は不明ですが打開に向けての交渉が大詰めに来ているとのことです。

背景は、フィリピンやインドネシアのメイドさんの派遣に関するサウジとの契約がまとまらず、派遣がストップしていることがあげられます。インドネシアのメイドさんが死刑になったことも背景にはあるかもしれませんが、人道的なことより雇用の条件闘争です。人道的にも雇用条件をきちんとしろ、過酷な条件で働かせるな、賃金はちゃんと払えetcと色々ありますが、金銭的な面、賃金を1200リヤルにしろというのが大きいです。他の国は一ヶ月700リヤルぐらいですからかなり差があります。このようにメイドさんを初め運転手さんのような、ドメスティックワーカーと呼ばれる人の賃金は国間の契約がベースになります。一見自国の国民の利益のためのようですが、稼いだ外貨は本国に送られるものが多く国としても外貨獲得の重要な手段なので、賃金は個人的なものだけでなく国の財政に即響きます。この交渉が何度もまとまりかけては振り出しに戻っています。

他国に比べてフィリピンとインドネシアのメイドさんのスキルは高いようです。その分賃金も高目を要求しているわけです。サウジ人も両国のメイドさんが来なくなりかなり困っているようです。

メイドさんの逃亡について付け加えておきます。当初私はメイドさんが逃亡するのは扱いがひどくて仕方がなく逃げているのかと思っていました。サウジはメイドさんをとてつもなくひどく扱うといったイメージも無くはありません。そのような人もいるはずですが、一方計画的に逃げている人も多くいるようです。一度サウジに入ってしまえばこちらのもの。後は逃げて少しでも賃金のいいところで働こうというわけです。物事には色々な背景があることを知らなければいけませんね。

さらに付け加えると、ドメステッックワーカーの採用方法を変えようとしています。政府の発言も二点三転して何が正しいのか分からないところがありますが、これまでは仲介会社を使うものの個人的にメイドさん等を雇っていたところを、大きな人材採用会社を設立し人材プール・教育も行いそこを通して雇えば迅速に、教育された(火の使い方とかですが)人材を派遣してもらえ、仮に逃げても次の人を派遣してくれます。一方で高い、賃金は絶対払わなければいけない(当たり前ですが)、無理な仕事はさせにくいなどサウジ人にとって不利なこともあります。

フィリピン・インドネシアとサウジの和解が採用方法の改革とどのように絡むのかは分かりませんが、サウジ人が心待ちにしているのは事実だと思います。でも高そうだな。今でもこの採用会社を通すと1200とか1500リヤル必要で高くてやってられないといわれています。国によって賃金が異なるようですので、この両国だと2000リヤルぐらい必要になるのかもしれない。

政府の発言の二点三転ですが、サウジの悪名の高いスポンサー制度を廃止する初めのステップだというようなことを言ったんですが、後にそんなことを言った覚えはない。単なる単語の言い換えを行っただけだと後退してしまいました。

以前の雇い方の場合、派遣されてきた人を雇い主は飛行場まで迎えに行かなければなりません。迎えに来なくて空港に足止めされる人が結構いたのだと思います。でも雇い主はすぐに出迎えに行かなければ、放置しておいた日数に応じて違反金を払わなければいけないと聞いたことがあります。同僚がメイドさんを雇うのはややこしいってぼやいていました。新会社を通すとすっきりとはするんでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 中東
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。