スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【新学期が始まってもお母さんは憂鬱】

サウジアラビアから”もしもし”
【新学期が始まってもお母さんは憂鬱】

http://www.arabnews.com/crowded-private-schools-stop-accepting-students
Crowded private schools stop accepting students

9月から新学期が始まりましたがお母さん方は学校のことで頭を痛めています。

サウジ人の雇用促進のため、また待遇改善のため給料の安かったプライベートスクールに努めるサウジ人の給料をアップさせました。半分は公的機関が期間限定で補助してくれるのですが5000リヤルになりました。それに600リヤルの交通手当てが付きます。私企業は2600リヤル払わなければなりません。参考までに言うと公的機関のサウジ人の最低賃金は3000リヤルです。プライベートスクールのサウジ人の先生は、もちろん外国人の先生は輪を掛けて安い賃金で働いていました。なぜなら2600リヤルの負担に耐えられず閉鎖する学校が相次いでいるのです。主に小さな学校が耐え切れずにつぶれていっています。大きな学校はどうにか生き残れそうで、つぶれた学校の生徒を受け入れてきましたがそろそろ限界に近づき受け入れをやめています。

サウジ人師弟はまだ公立学校に通うと言う手がありますが、外国人が公立学校に通えるのはごくわずかな数です。

また授業料も値上げされています。これまで一人年5000(12万円ほど)リヤルだったのがその金額で入れる学校はもうほとんど無いのでないでしょうか?昨年10000リヤルだった学校は17000リヤルに値上げしたそうです。これはたまらないと他の学校を探しましたが無理でした。泣く泣く通っていた学校の値上げを受け入れ通うしかありませんでした。

http://www.arabnews.com/saudi-arabia/parents-worried-about-public-school-conditions
Parents worried about public school conditions

じゃあ公立学校に通えるサウジ人はどうなのかと言うと、こちらも問題ありです。結構学校が汚れているようで、掃除もしていないところもあるようです。体調がおかしくなったと言う子供もいるようです。先生も責任者に改善を要求しているけれど埒が明かず、父兄から責任者に突き上げるようにお願いしているそうです。

また入学手続きもトラブルがあるようです。もう一つ分からないところもあるんですが・・・
サウジは日本と同じように6-3-3制です。Primary School, Intermediate School, Secondary School(High School)です。日本と同じように小学校は6歳で入学して12歳で卒業するのが一般のはずなんですが、記事ではある女性の子供がまだ6歳なのでうまくいかないとのことです。窓口に行ったらオンラインで登録しろと言われる。登録しようとすると6歳だからだめと受け付けてくれない。この母親はどうやら働いているようで、わざわざ勤めを休んで手続きを進めていますが今のところ入学はできていないようです。日本のように放っておいても連絡をくれたり、担当者も親身になって対応してくれる人は少ないと思います。公務員の仕事は遅いなど批判もありますがおそらく日本の批判されるような人がサウジの標準的な人だと思います。何事もなかなか手続きが進まないことも多いようです。(ある銀行で口座を開こうとして3回銀行に行きましたがだめでした。もうあきらめました。もっともこれはシステム上の問題ですが。ある同僚がひどい目にあっています。留学しようとしているのですが書類を紛失されてしまいました。2回目じゃなかったかな?)

ところで日本では戸籍(戸思想に基づく家族単位管理)がありますが、このような制度を持つ国は少ないそうですね。記事中に出生証明書と言う言葉とファミリーカードと言う言葉が出てきました。サウジではこのような書類やカードで国民を管理しているのですね。外国人に関しては居住証明書(イカマ)です。サウジで暮らす分にはイカマがあればパスポートはいりません、というかスポンサー制度のためパスポートはスポンサーが取り上げます。

別件ですがインド人がサウジに奥さんを呼ぶために結婚証明書を添付していました。日本なら戸籍を使いますね。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 中東
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。