スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【結婚式場で・・・】

サウジアラビアから”もしもし”
【結婚式場で・・・】

サウジアラビアの結婚式で20人以上の人がなくなりました。
祝砲の弾が原因のようですが色々な説があります。電線を切ってしまったのが原因のようです。高圧電線が垂れ下がり鉄製のドアに接触し、そのドアを触った人が感電死した。電柱が倒れた、高圧トランスが落下してきて火事になったなどの情報もあります。現在原因を調査中ですが調査結果が報告されるか、されるとしても目に留まるかは疑問です。(調査結果が出ることは忘れられていて新聞で取り上げない?)サウジの電圧は220Vが一般的です。多くの電球をつけるためには電流もかなり必要になるのではないかと思います。

また出口が一箇所しかなくてそこに人がパニックになり殺到して亡くなった(圧死?)というのもあります。狭い場所に200人以上いたようです。さらにそのパニックになった、もしくはやけどを負った、感電したどのような女性か分かりませんが、女性を救おうとして男性が6人亡くなったという話もあります。花婿の男兄弟もなくなっているようなので男性も犠牲になっているのは確かなようです。なくなったのは女性16人、子供2人、男性6人合計24人が最低ラインだと思われます。25人亡くなったという記事もあります。

場所は東部州のダーラン-ダンマン-アルコバールのメタロポリタンから南西に60kmのAbqaiqという待ちのAin Badrというところです。

http://www.opposingviews.com/i/society/guns/wedding-ends-gun-fire-and-electrocution-23-people-killed
Wedding Ends in Gunfire and Electrocution, 23 People Killed
事故現場の写真を見る限りでは、東部州とマッカ州と東西大変離れていますが私が良く参加する田舎の結婚式場に似ています。建物のほかに、屋外に絨毯を敷いてその上には盆踊りの会場のような電球が吊るされています。ご存知の通りサウジの結婚式は男女別々で行いますのでこの会場には女性しかいなかったはずです。また男性の会場は簡単に外から出入りで着ますが女性用は変な人が入り込まないように出入り口が一つだけだったのでしょう。(非常口、食べ物を搬入する裏口はあるはずだと思いますが閉まっているんでしょうね。私の参加した結婚式場では塀はありますがご馳走(カブサ)を運んでくるところは扉もなくオープンになっており誰でもはいって来れます。)

祝砲ですが私の参加した結婚式ではそれほど盛んではありません。ある結婚式では銃を持ってきている人がいましたが一人でした。また撃ったのも数発です。ビデオを撮ろうとしましたが、すぐに辞めてしまいとるチャンスはありませんでした。でも祝砲の経験が全くないというわけではありません。私の見たのはライフルです。機関銃ではありません。

その祝砲ですが危ないので禁止するとのお触れが出たと紹介されていますが、その通りです。新聞に載ったのを見ました。ただ探してみたんですが、禁止の記事を見つけることはできませんでした。今年の夏以降だったと思います。

おさらいです。下記の写真は私が参加した結婚式場の屋外のようす。ここで食事をしたり踊りを踊る時もありました。建物もあります。同じように絨毯が敷かれています。外を好む人も多いと思います。なんといっても雨の心配がほぼないので、屋根がなくても問題はありません。
サウジの結婚式は男女別々で行われます。開始時間は6時過ぎには親族新郎が待っていますが、皆が集まるのは9時過ぎ。食事は早くて10時。普通10時半か11時ごろ。何もない時は本当に何もない。新郎が来て写真を撮りご飯を食べれば流れ解散。踊りや歌のようなものが披露されたり一緒に踊ったりすることはあります。ご飯はたいていカブサ。下の写真は田舎の方の結婚式。都会では立派な結婚式場があります。でもこの田舎の結婚式が風情があっていい。

結婚式会場一例




祝法の様子 もちろん私のオリジナルじゃないです。共有動画です。私の周りではこんなのは見たことはありません。こりゃあ禁止にした方が良いと思います。




記事
http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentid=20121103141549
KINGDOM 10 people held for questioning over Abqaiq wedding fire

http://www.arabnews.com/probers-eye-allegedly-inept-handling-wedding-fire-tragedy
Probers eye allegedly Inept handling of wedding fire tragedy

http://www.arabnews.com/most-fire-deaths-due-chaos-exits
Most fire deaths due to chaos at exits
関連記事
スポンサーサイト

theme : 中東
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。