スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【なんかその訴え無理なんやないかなあ?-1】

サウジアラビアから”もしもし”
【なんかその訴え無理なんやないかなあ?-1】

http://www.arabnews.com/tawafa-bodies-sue-mashair-railway-sr-500-million
Tawafa bodies sue Mashair Railway for SR 500 million

Tawafa bodiesがMashair RailwayにSR 500 millionの訴訟を起こそうとしています。

まずTawafaとは何か?
Tawafa Chiefs’ Organization — a body that encompasses the heads of three main pilgrim serving guides including Haj Mutawifs (those who guide pilgrims during the rituals), Zamzam distributors (the Zamazima), and agents (who receive pilgrims at crossing points and take them to their places of stay)
http://www.arabnews.com/haj-guides-visited-pilgrims%E2%80%99-countries-past-centuries
ということらしいです。巡礼者にはそれを専業としているガイドが付きます。国の担当も決まっています。上の記事はガイドが担当している国を訪問し、きちんとガイドを務められるようにしていますという記事だと思います。このガイドのことをムタッウィフ (Mutawwif)と言います。この他マッカのグランドモスクで湧き出る聖水、ザムザムの水の提供者、巡礼者を決められた時間に決められたところに連れていくエージェントこの3者を統括するのが Tawafa boddydです。今回関係したのはエージェントかなと思います。
巡礼者を時間通りに決められた場所に連れていくエージェント居るのは初めて知りました。巡礼者のガイドのムタッウィフザムザムの水(結婚式にもふるまわれます。巡礼のお土産にもなっています。)は以前から知っていますが、基本的な単語ですので覚えていても損はないと思います。でも残念ながら日本では”得”もないかもしれません。

zamzam1.jpg


ザムザムの水



次にMashair Railwayです。この鉄道はミナアラファト(聖なる山(丘))、ミナ(宿泊地)、ムズダリファ(石を投げるところ)を結ぶ鉄道です。2010年に中国の起業により建設されました。サウジによる繰り返される仕様変更などで建設費用が予想以上に高くなり大変な赤字になったはずです。中国は保証も求めようとしたようですがどうなったのかな?サウジも中国もどちらも簡単に言うことを聞く国じゃあないです。

サウジの政府による説明ビデオだと思います。巡礼の様子、昔の巡礼なども見れるので面白いと思います。



個人的なビデオだと思いますが、巡礼の様子やミナのあたりも見られるのでこちらも興味深いと思います。ただし巡礼はハッジではなくウムラーでしょう。



この電車に載るのは基本的に巡礼者なのだと思います。巡礼ツアーの申し込みの時に会わせてこのメトロも申し込みます。お金を払った乗客は手首に緑色だったかと思いますが何かを巻きつけ切符の代わりをします。将来的には電子化しお金を払っていない人は乗れなくなるようにすると思います。現在は無賃乗車も多いようですが、それが事故を招いたようです。多分切符売り場や改札はないのだと思います。入口に係りの人がいるのでそれが改札と言えばかいさつでしょうか。とはいうものの実際に見たわけではないし情報も少ないので正確なところは不明です。



左上の赤丸がグランドモスク、真ん中近く上方の白いところがミナ、その右にムズダリファ、右下にアラファト山があります。

マッカ


ミナとミナ駅周辺です。各駅は第一から第三駅まであります。

ミナとミナ駅


ムズダリファ駅と周辺です。

ムズダリファ駅


アラファト駅と周辺です。

アラファト駅




長くなってきたのでいったん切ります。

theme : 中東
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アル ジャパニー

Author:アル ジャパニー
これまで15年以上にわたりホームページの作成、メールマガジンの配信、ブログなど色々経験してきました。折角サウジアラビに来たのだからサウジの様子を伝えたいと思いブログを始めました。本当は自分のための覚書、自己満足の方が強いのかもしれないかもしれません。

ブログを始めましたが、以前のHPやブログと同じように、飽きてきてしまいます。書くことが無くなり煮詰まり、更新できなくなるという事がありました。

一方サウジに来てかなり日が過ぎましたが英語が上達しません。会話はどうにか日々無料のレッスン(?)が受けられる。読み書きについては自分で何とかしなければいけない。特に単語不足が身にしみます。加えてサウジの事も色々知りたかったので、地元の英字新聞を読むことを始めました。

そして新聞をネタにブログを書くと、(1)ネタに困り難い。(2)英字新聞を読み続けるドライビングホースとなる。(3)サウジの情報が入り多少でも仕事の役に立つ。などメリットがあります。幸いこちらでは基本的にテレビも見ないしDVDも見ない。読書も思っていたほどできない。他に娯楽もない。だから時間はそこそことれるので、ブログを新聞ネタを中心にし始めました。まだ数か月ですが今のところ続いています。

他には食べ物ネタ。男のレシピなし、味見なしの出たとこ勝負メシです。サウジで見かけた動植物も紹介。単なるネコなども多いです。サウジに来て結構ネコと向き合い(にらみ合い)親近感が湧いてきました。


朝早く目が覚めてしまい、4時頃にこれを書いています。アザーン時計からファジュルのアザーンが元気よく聞こえてきてます。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アラーフアッカバル、アラーファカバル。
アシュハドアンラーイラハーイラッラー・・・・・。

20120628 4:30a.m.
Al-Japani

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。